愛知工業大学の歴史

こんにちは。
インターン生の川除です。

10回を予定した今回の記事もあっという間に残すところ後二回となりました。
今回は愛知工業大学の歴史について解説していきたいと思います。

愛知工業大学は名称が元々「名古屋電気学講習所」という名前で設立したのは1912年の事でした。それが、「私立名古屋電気学校」、「名古屋電気短期大学」と名前を変更していき、1960年に今の「愛知工業大学」という名前になりました。これは電子学科の他に、応用化学科が追加された事が背景にあると考えられます。そこから1963年になるまで、学部学科が増えていき、学部1つと学科4つが新設されました。
そして、1964年に現在、メインで使用されている八草キャンパスへと移行がスタートし、1974に完全に移行しました。
2000年には情報工学部が改組された結果私の所属している情報科学部が解説されました。

2001年には、学生達がおおく集うAITプラザが完成しました。この記事を書くにあたって驚いたのは、これが16年前の工事だという事です。それを感じさせないくらい新しさを感じていたからです。

2004年に学部を再編成して「学科」と「専攻」が作られ、今の学科専攻分けと近いものが生まれました。

開校50周年となる2009年にもう一度学科専攻を組みなおし、3学部、7学科、14専攻に改組されました。これが、現在の愛知工業大学の学科専攻になります。意外と新しいですね。

最近の事で言えばテラスハウスと呼ばれるオシャレなカフェが生まれたりと、多くの施設を建てるなどしています。
また、新しい校舎もただいま建築中となっており完成が待ち遠しいです。

さて、今回は短いですがここまでになります。
愛知工業大学のひみつも次回を持って終わりです。あまり踏み込んだ無いような紹介できなかったかもしれませんが、少しでもみなさんのお役に立てていれば光栄に思えます。
最終回の次回は、愛知工業大学に入ってよかった、と私が思えることについていくつか記していきたいと思います。
それでは。

参考:http://www.ait.ac.jp/guide/memorandum/step/history/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー