中国のゲーム歴史(1997~1999)

こんにちは、インターン生の丁建国(ちょうけんこく)と申します。
前回は主に私が思った神ゲーについて話しました。発売時期は1995年で、ちょうど中国のゲーム市場の発展期でした。

今回はその後、1997年から1999年までは中国ゲームの全盛期からのゲーム事情を話したいと思います。前回にも話したことがある「目標軟件」会社は1998年『鉄甲風暴』をリリースしました。『鉄甲風暴』は「目標軟件」会社が最初に中国に公表したゲームでしたが、1995年にアメリカで販売された『鉄蹄驚雷』こそが、「目標軟件」が最初に作ったゲームです。同時国内のゲーム制作技術は足りませんでした。『鉄蹄驚雷』はあまり中国人に知られてなっかたゲームだが、『鉄甲風暴』を作る為のゲーム制作経験が得られたことが間違いないです。『鉄甲風暴』はRTS(リアルタイムストラテジー)ゲームとして、同じのジャンルの『Red Alert』シリズと同じぐらい人気になっていて、好評を得られました。更に、世界的なコンピュータゲームの見本市であるE3に出展した『傲世三国』は、Age of Empires(エイジ オブ エンパイア)Ⅱと似ていて、中国の旧世代を背景したゲームです。中で経済を発展し、兵隊を率いて敵と戦い、勝負をします。Age of EmpiresⅡに似ているが、それよりも高い完成度経済システムが出来ていて、細かい部分も設定されています。成果として、初めて16種の言語に翻訳され(中国語も含めて)、多数の栄耀を得ました。今まで、「目標軟件」はたくさんの人材を育て、中国のゲーム業界に偉大な貢献をしました。「目標軟件」だけでなく、「歓楽億派」、「金山西山居」、「大宇」などの会社も、ともに中国のゲーム産業に力を入れました。

1997年から1999年までは中国ゲーム市場の全盛期で、衰退期でもありました。優秀のゲームがどんどん開発されたが、一方で、外国から輸入したゲームとの競争、社会的な偏見、海賊版ゲームの盛んなどの原因で、中国のゲーム開発は衰退し始めました。ビデオゲームは昔の中国で、「電子麻薬」とも思われました。今になってお、その影響が残っていて、「毒」と見なしている人が大勢います。法律の不完全も、海賊版のゲームを助長し、ゲーム開発者の積極性をなくなっていきました。

前回話したとおりに、中国のゲーム業界は2000からはまた違う風景を示しました。
また次回に詳しく話します。

参考:https://wenku.baidu.com/view/a6a8b525af45b307e87197c0.html
https://bbs.hupu.com/7048222.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。 

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー