湘南工科大学の松稜祭実行委員会②

こんにちは。インターシップ生の宇都宮です。
前回は、松稜祭の局紹介をさせていただきました。

今回は、前回の続きとして残りの5つの局について簡単に紹介させていただきたいと思います。

まず最初は、制作局から始めます。
制作局の業務は、主に看板製作です。
松稜祭では企画局が決めた企画ごとに看板が作られます。
その統括をしているのが制作局です。
看板に描く絵を決めるのも制作局の業務です。

続いて、管理局です。
業務内容は、備品の管理や購入が主となります。
松稜祭に参加する参加団体(他サークルなど)に向けてのテント講習を行ったりもします。
本番当日は、見回りをしながら備品のチェックを行っています。
管理のチェックがない限り使用物品の貸し出しは行えません。

三つ目は、総務局です。
どんな業務を行っているかというと、使用物品の書類制作や鍵の管理などが業務となります。
特に、書類制作は総務局が取り仕切っていますので、使用物品などがあった場合素早く報告しなければいけません。
松稜祭当日はほぼ全ての鍵を総務局と委員長が管理しています。
このため、学生などが松稜祭当日に勝手に教室を借りたりすることはできませんでした。

4つ目は、会計局です。
名前の通り、松稜祭に関してのお金を一括管理しています。
この局がいなければ、協賛を行うことは難しくなり、また松稜祭において
お金が出なくなります。
なので、とても重要な局であり、委員長に次いでとても忙しい局でもあります。
松稜祭当日は、主にお弁当の買い出し班に組み込まれます。

最後は、委員長です。
書類を確認したり、他の局への指示を出したり、参加団体への説明など
大量の業務をいつも行っています。
他にも、他大学の方との交流や、学校との打ち合わせ、企業への挨拶など、
大学でも大学外でも多忙です。
それ故に、なりたくない方も多いですが、内申点の向上など
特典もあるので一定数では居ないこともありません。

局紹介と業務内容について簡単に説明を行ってきましたがいかがでしょうか?
まだ気になるや興味があるなど思いましたら、是非、湘南工科大学の松稜祭までお越しください。
(こちらでは質問・疑問等は受け付けておりません。ご了承ください。)

今回は、前回からの続きで松稜祭の局紹介とその業務内容についてをさせて頂きました。
次回は、少し松稜祭から離れて湘南工科についての魅力をまた説明させていただければと思います。
ご覧いただきましてありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー