油絵のひみつ「無彩色で光を描く」

こんにちは。インターン生の武井です。前回は色を使って油絵を描く工程のお話をしました。
今回は、一つの色から描き始めて、形と光を作る制作についてお話します。

モチーフの形と色を同時に進めていく方法に対して、初めに一つの色で形や光を描写してから、透明な色をつかって着彩していく方法があります。
前回、モチーフの色をつける前に、バーントアンバーでおおまかに下絵を取る工程がありましたが、その時点で入念に細部まで描きこみ、一旦完成させる画法だと思ってください。
形と色の工程を分けるので、形を正確にとりたい方や、色は色でじっくりと作り上げたい方におすすめします。

白と黒を使ってグレーの色調で描く場合をグリザイユといい、バーントアンバーなど茶色の色調で描く場合をカマイユといいます。
茶色系の色調で下絵を描くと、上に重ねた色彩に深い奥行や、暖かみを与えることができるので、人物から静物、風景まで使えて万能です。
完全に混じり気ないの白と黒のみで無彩色の下層を作る場合は、「黒」に注意が必要です。
絵の中に、全く真っ暗な黒い陰の部分を作ってしまうと、上から描くときにその部分が扱いづらくなります。全く彩度も明度もない黒色は、光を吸収するので、透明色を塗り重ねたときにキレイに色が出ません。

色調を似ている色の範囲に統一すればの型にとらわれる必要はなく、彩度の低い、後で邪魔にならない色なら、何色を使っても構いません。使い易い色を使うとよいでしょう。おそらく、その色が「あなた風」の色として、着彩に移ったときに効果が出てくると思います。
私は主に、バーントシェンナとウルトラマリンブルーを混色してできる、黒い茶色から紫までの暗色を使います。
透明性のある暗色は、塗り重ねて明度を調整したり、乾かない内にその透明な層に白で描き加えて、微妙な白の諧調を作ったりできるので便利です。

無彩色で描く場合も、使う色を白と混ぜた諧調を二、三段階作っておくと明度の組み立てがしやすくなります。
しかし、基本的な使い方は、段階的に作った色のベタ置きではなく、暗色を薄く塗った上から白色を使って光の部分を浮き出させていきます。
鉛筆や透明水彩で描く場合は、陰の部分を加えていくことで光も明るくなっていきますが、それとは逆に、光の部分を加えることで、明部はより明るく、陰は深くしていきます。

陰になり、周り込む部分を描き加えていく意識を「ネガ」の意識とすれば、明るく、こちらに迫り出してくる部分を描き加える意識は「ポジ」の意識です。
「ポジ」の意識で描くと、モチーフが浮かび上がるような立体感を出すことが出来ます。また、光の満ちた領域に影を差し込んでいくよりも、闇の中に光を当てていく方が状況に矛盾を感じづらいです。
光は当てたところだけ、また、追加すればするだけ明るくすることが出来ますから、控えめに描かれた場合も、または真っ白な場合も、「そのように操作された光が当てられている」と自然な認識をしやすいものです。
しかし、陰は光によって決まるものなので、影を加えるときは、支配的な要素である光の存在を頭に置きつつ、作業しなければなりません。影を加える、ということは、影が発生したわけではなく、相対的に周囲が明るくなった状況にすることです。闇から光を浮き出す場合、手を加えていない場所は光が当たっていない、ということですが、光に陰を置く場合、たちまち、そこにはその陰を作り出す厳格な光の法則があることになりますから、画面に加えるあらゆるものをその法則に従わせる手腕が必要になります。モチーフが近い場合は、自然な状況を作るために、別のモチーフの形状に沿って落ちる影のことまで考えなくてはいけません。

光を描くのは、陰の部分は描かなくてよい、楽な方法であるように説明してしまいましたが、気を付けなくてはいけないポイントがあります。
闇の中に強い光が当たったとき、モチーフの明部は光で飛び、陰は闇に消えます。ただしその分、光と陰の境目の描写に全力を尽くさなければなりません。
そのモチーフがどのような性質であるかが、明暗の境界だけで決まります。ここをしっかり描かないと、白飛びと暗闇だけの、簡単な絵に見えかねないので気を付けてください。

光を描く制作は、より自然な、しかもドラマチックな雰囲気を、より少ない手数で作りだすことが出来るので、大変都合がよく、描く人にも見る人にも好まれるように思います。
絵に今一つ迫力が足りないと感じる方は、ハイコントラストにしようと陰影を強調するよりも、暗い画面からの光の浮き出しを試してみてください。
先にドラマチックな光を作り出しておき、後から色による雰囲気作りをしてみましょう。
完成までのアプローチを変えることで、生まれるアイデアもあると思います。

以上、今回は、無彩色で光を描く制作についてのお話しでした。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー