普通科目はどんな授業があるの?

こんにちは、インターン生の奥田 まいです。
前回はキャンパス施設についてのお話でしたので4回目の内容は女子美の普通科目の種類と美大ならではの授業を紹介したいと思います。
女子美は普通科目の授業と専門科目の2種類があるのですが1回目(4回目)を普通科目、2回目(5回目)を専門科目に分けて紹介します。

普通科目(学部共通科目)はA群~E群に分けられています。これが一覧です。↓

A群 
・哲学
・歴史学
・文学
・音楽
・文化人類学
・教育原論
・教育心理学
・青年心理学
・法学
・日本国憲法
・政治学
・社会福祉学
・現代社会概説
・生涯学習概論
・数理科学
・生命科学
・心理学

B群
・英語Ⅰ、Ⅱ 
・英会話A、B 
・フランス語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
・イタリア語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ 
・ドイツ語 Ⅰ、Ⅱ 
・中国語  Ⅰ、Ⅱ 
・日本語  Ⅰ、Ⅱ
・コンピュータ入門A、B 
・コミュニケーション論 
・比較文化論 
・言語学  
・日本事情
・異文化理解

C群   
・健康科学 
・スポーツ演習A(バトミントン、ソフトバレー、テニス) 
・スポーツ演習B(レクリエーショナルスポーツ)  
・スポーツ演習C(エアロビックダンス、トータルフィットネス)
・スポーツ演習Ⅾ(ボディメイク、スキー) 
・精神保健 
・心身医学 

Ⅾ群 
・西洋美術全史概論・特論A、B
・日本美術全史概論・特論A、B
・東洋美術史概論・特論A、B
・古美術研究
・美学
・現代美学
・芸術学
・日本近代美術論
・現代美術論
・デザイン史 
・環境論
・造形心理学 
・色彩学
・美術解剖学A、B
・図学A、B
・書道
・文化遺産学
・ユニバーサルアート研究 
・博物館概論
・博物館展示

E群
・基礎学習ゼミ(美術学科)
・基礎学習ゼミ(デザイン・工芸学科)
・ジェンダーアート入門
・女性と法
・芸術文化政策論
・芸術と知的財産権
・国際留学プログラム
・国際芸術演習A、B
・サービスラーニング
・キャリア形成A、B、C、Ⅾ
・インターンシップA、B、C、Ⅾ

普通科目だけでも68種類あります。その中でも美大らしい授業はⅮ群で西洋・東洋美術・美学・現代美学・色彩学・美術解剖学などが挙げられます。
では今挙げた中で一体どんな内容についての授業なのか紹介します。
西洋・東洋美術史はその名の通りその時代の美術の歴史についての内容になります。世界史と違って、美術だけを取り扱っています。なので絵画に出てくる人物やアイテム、建築物の構造などを解読したりするようなことをしています。また主に、西洋美術は絵画ですが東洋美術は絵画、金工品、陶磁器、玉器など表現上の約束事と技法についてというところに着目しています。

美学は、『美とは何か。芸術とは何か』、について詳しく学びます。美や芸術に深く関わる私たちの感性の働きについて考察する学問で、この授業では、古代ギリシャから近代までの、いわゆる伝統的な美や芸術に関する思想から、特に美術(造形芸術)に深く関わる考え方に注目し、それらを具体的な作品と照らし合わせながら考察していきます。この考察を通じて、美や芸術そして感性の働きについて、新たに多くの問いや気づきを得ることを、ひいては思考する力を得ることを目標とします。

現代美学は現代美術が関わる社会、文化、思想の諸問題をみつめながら、芸術を巡る理論としての、美学の今日的なあり方について考察します。
かつて美学は、芸術や美のあり方について考察を深める学問ではありましたが今日のように、表現が社会の諸問題と関係を深めつつある状況においては、美学にもより広い視点が求められる。性や人種差別、貧困などの社会諸問題について考察しなければならず、自身が利用する言語やテクノロジーの本質についても考察するという内容です。
 
色彩学は色彩の基礎を学ぶことを目的とし、色の正体、色が見える仕組み、色から感じること、色を伝える方法、配色方法など今後の制作活動に必要な知識を身につけていくこと。
授業の進行は、理論の解説、現象のデモンストレーション、演習と幅広く学んでいき、色彩検定やカラーコーディネーター検定などの受験に配慮した内容になっています。

美術解剖学は人のかたちの見方を広げ、創造の基礎を学びます。
人体の外形と内部構造の関係を知ることは、ルネサンス以後、画家や彫刻家にとって必須の素養とされてきました。
20世紀を経て表現が多様化した今日においても、人が生み出すもののかたちは本質的に身体感に起因するものです。
この授業は体の支柱となる骨学を基本に、かたちの由来(進化、比較解剖学)、運動とそれともなう変化などについて述べます。加えて、造形表現された人体の造形上の工夫や表現術について考察します。

普通科目の中にも専門的な科目が入っているのでどれを受講しようか迷ってしまいますよね。
今回は普通科目についての紹介でした。次の回では専門科目について紹介したいと思います。 では次の回でお会いしましょ~♪

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー