デザイン学部の主軸・企画表現演習

はじめまして、こんにちは。
インターンシップ生の高濱千恵美と申します。
参加期間が短いため2回のみのトピックになりますがよろしくお願いいたします。
さて気になるトピックの内容ですが、折角のことですし
私の出身大学である明星大学のデザイン学部について2回に分けて紹介していきたいと思います。

(明星大学サイト)https://www.meisei-u.ac.jp/
(明星大学デザイン学部特設サイト) http://meide.jp/

まずはじめに明星大学の日野キャンパスには8つの学部が存在しています。そのうちの1つがデザイン学部です。
デザイン学部は元々、造形芸術学部という名前で青梅校にキャンパスがありました。
それが2014年に新しく生まれ変わり、日野キャンパスに移行したものがデザイン学部です。

デザイン学部では「企画表現演習」という大きな軸となる科目と「2コース6分野」という専門的な科目が存在します。
今回は「企画表現演習」について説明をしていき、次回「2コース6分野」について詳細を記事にしようと思います。

★「企画表現演習」とは?
「企画表現演習」とはデザイン学部の必修科目で、四年間の前期後期をあわせて7回行われます。
この授業で身につくのは「企画力」「プレゼンテーション力」「コミュニケーション力」。
これらの3つを合わせた「本当のデザイン力」です。
デザインと聞くと多くの方が色や形などといった「目に見えるデザイン」を想像することでしょうが
我々の学部では「物事の仕組みそのもの」こそがデザインであり大切なことだと教わります。
それこそ、耳にタコが出来るほど。
そしてこの授業では「デザインの根底に必要なノウハウ」を学んでいくのです。

★7つの「企画表現演習」
先程も言いましたが「企画表現演習」は7回あり、それぞれ以下の項目に分かれています。

1.対話力・文章力…結論から順序立てて話を構成するCREC法など、自分の意見を簡潔にわかりやすく伝える方法を学びます。
2.発想力・思考力…思考の四則演算を学んでいき、柔軟な発想が生まれるトレーニングを行います。
3.観察力・分析力…データの集計やその後の分析、グラフや分布図などデータに対する最適な可視化方法について考えます。
4.統合力・プレゼン力…自分の成果や伝達したいことを文章と図で見やすく表現する方法について学びます。
5.コラボレーション力…大学内だけでなく地域や社会の問題とデザインを結びつけて解決方法の提案をします。
6.社会への発信力…自分の強みや売り込みたいことをポートフォリオという形でまとめ、制作します。
7.総合力の発揮…今まで学んできたことを社会に知らせるために展示会という形で表現します。

引用:http://meide.jp/curriculum/#plan

★グループワークと自分の成長
これらの科目はほとんどがグループワークで行われます。そのため自然と、多くの人と関わる機会が増えていきます。
(詳細は次回になってしまいますが)違う分野の子とも仲良くなるなんてこともしょっちゅうです。
おそらくそんなのはウチの、デザイン学部だけではないだろうかと思います。
「内気な自分にはハードルが高いかも…」と思う方もいるかもしれません。
ですが安心してください。割と慣れます。
私は高校生の時までひどい人見知りでしたがこの授業を何度も経験していくうちに慣れてきました。
他人と対話できている自分を客観視する度に「案外経験次第で人は成長するもんだ」としみじみ思います。

さて、企画表現演習についてザックリお話したところでおしまいにしましょう。
次回は「2コース6分野」についてお話していきたいと思っております。
こちらの方が一般的なデザインのイメージに近いと思います。

それでは皆さん、ごきげんよう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー