湘南工科大学の施設②

こんにちは。インターシップ生の宇都宮です。
前回は、湘南工科大学の施設について説明をさせていただきました。

今回は、その施設と学生がよくいく場所について説明第二弾をしたいと思います。

では、まず最初に説明するのは、糸山栄太郎教育研究総合センター(通称A館)です。
何処にあるかというと、正門から入って斜め左を見ていただくとガラス張りの建物が見えます。
その建物こそA館です。
まず、入り口から入ると右側にはサクララウンジと呼ばれる女子専用の部屋があります。
この場所は男子禁制となっており、外からも見えないようになっています。
他には、3階に学生が自由にパソコンを使えるスペースがあります。
自由といっても基本は課題をやったり、論文を作ったりという方が多いです。
他の部屋は教室になっています。
一部の教室は、パソコン教室になっており基本的なパソコン授業などはここで行われることが多いです。
テレビで見るような座席の位置が階段状になっている教室もありますし、靴を脱がなければいけない教室なんかもあります。

では、そろそろ別の施設の説明に向かいます。

続いては、学生会館(通称B館)です。
場所はA館の真後ろにあります。
あまり特徴のある見た目はないのですが、B館の中が吹き抜けになっており部屋が1階からでも見やすくなっています。
この部屋ですがそれぞれがサークルの部屋になっており、よく学生が出入りしているのが見えます。
B館の1階にはロッキングチェアがあり、お昼をそこで食べている学生をよく見ます。

別の施設の説明に入ります。

次の施設は、佐々木記念体育館です。
場所は、A館のすぐ隣にあります。
施設としては、一般的な体育館ですが、学生はよく足を運びます。
特に、昼頃はラッシュの電車のように。
なぜかといいますと、この体育館の入り口に入ってすぐ右側にはコンビニがあるからです。
更に、湘南工科大学は、湘南工科高等学校と併設していますので、
高校生も昼時に押し寄せてきます。
なので、毎回昼の体育館はラッシュの電車のような状態になります。
では、少し戻って佐々木記念体育館の説明をします。
中は、一般的な体育館でシャトルランもできますし、ソフトボール、バスケ、
卓球台もありますので卓球もできます。
2階にはトレーニングルームやシャワー室などがありますので、体も鍛えることもできますし、
汗を流すこともできます。
松稜祭当日には、赤マットを引き、研究発表やフリーマーケットなども行われます。

今回は、湘南工科大学の施設紹介第二弾について簡単に説明させていただきました。
次回も、湘南工科についての魅力を説明させて頂きます。
ご覧いただきましてありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー