油絵のひみつ「透明に絵の具を使う」

こんにちは。インターン生の武井です。前回は、モチーフの色をつける前に、一つの色調で形や明暗をはっきりと設定する工程についてお話ししました。
今回は、その絵の具層に色をつける工程についてお話しします。

既に設定されている明暗を使いますので、その情報を利用するために、透明な色使いをします。
油絵の具には透明なものと不透明なものとがありますが、ふだん使うほとんどの絵の具は不透明に出来ており、透明色は色づけにつかうことが多いです。

不透明色は下に描かれているものを隠す力が強く、主な描画に使われます。新たに形を描きだすときには隠蔽力の強い色は便利です。
透明色は、下に描かれた絵の明暗関係に従います。効果は透明なフィルムを透かして見るときと同じです。透明色を重ねて、既に描かれているよりも明るくすることは出来ません。

ほとんどの透明色は、チューブから出すと、ラベルの色見本と比べて非常に暗く沈んで見えると思います。これは光が分厚い色の中を通るので、絵の具の中から出るころには明るさが失われてしまうからです。
紫、青、緑の、寒色の透明色は特に暗く見えますが、白い表面の上に薄く重ねると、とても明るい色を出すことが出来ます。
複数の透明色を混ぜると彩度が失われた暗い色になりますので、絵に陰をつけるには便利です。

ほどほどに透明な性質を持つ不透明色もあります。メーカーによっては、より不透明に近い半不透明色が設定されていることもあります。

絵の具についてのお話でご紹介したものの中では、ウルトラマリンブルー、キナクリドンローズ、ビリジャンが透明色です。
バーントシェンナとバーントアンバーは、メーカーによって不透明から半透明になりますが、透明性のあるものが扱いやすいです。

特に持っておきたい透明色は、オキサイドレッドとオキサイドイエローです。名前の通り酸化鉄が原料の、透明な茶色と黄色です。
正確にはトランスペアレントオキサイドとした方が正しいです。
これらを透明なバーントシェンナとイエローオーカーとして扱うメーカーもあります。顔料を確認してください。

ウルトラマリンと合わせると、例の3色の透明版となります。同じように使い勝手がいいのでおすすめします。

さて、無彩色層への着色ですが、これらの透明色を使わなければ出来ないわけではなく、不透明色も使えます。
透明、不透明というのは絵の具の性質であり、油を多めに使えば不透明色もある程度透明に使うことが出来ます。
また、透明色を重ねれば終わり、という風に単純なものではなく、色の層を透かす分、明度が失われるので、不透明な絵の具を使って「色の層」として作り直すことになります。
主には、白い絵の具を使って明度の調整をします。
前回お話ししました、暗色で暗くした表面に白色を使って、光が浮き出すように描くということがここでも使われるわけです。
この場合は豚毛の筆が使いやすいです。硬い毛先につけた絵の具で、乾いていない色の表面にスッと立てた筆を運ぶと、透明色の中に不透明色の線を入りこませることが出来ます。
鉛筆を重ねるように、べったり絵の具を引くのではなく、サッサッと筆を加えると上手くいきます。

透明に色を重ねることをグレーズ、グレージングといい、透明なメディウム、つまり絵の具を溶くものを使う技法と説明されます。
そのメディウムには樹脂ワニスの使用が推奨されます。主にダマー(ダンマル)とマスチックがあります。
ワニスとはニスのことで、ワックスと同じようなものです。透明で、乾くと硬く固まってツヤが出ます。
単体では完成作品の表面の保護に、グレーズには乾性油と揮発性油と混ぜて使われます。
透明色と合わせると、絵の表面に色のついたガラス層を作ることができるため、グレーズにとても向いています。
また、普段の画用液に混ぜて使うことで、絵の具の表面が硬化するようになり、早く重ね塗りが出来るようになります。

グレージングメディウムは、乾性油1に対してワニスを1、揮発性油を2で作るのが基本です。
この量を好みで調整して使います。

しかし、早く乾いて層を作ってしまうので、色をじっくりと試したいときには勝手が悪いときもあります。
そのような時はワニスを使う必要はありません。乾性油を主体に、乾かないうちに、不透明色の浮き出し効果も使いながら色を練り上げていきましょう。

揮発性油だけ使っては、描かれた絵を溶かして混ざってしまうのでいけませんが、混ざるような効果を表現したいときには使えます。

一つの色で無彩色層を作るときと同じで、厳密な技法にとらわれることはありません。
描きやすいようにアレンジして、自分なりの制作法を探してみてください。

今回は透明に色を使うお話でした。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー