二年次の授業について

こんにちはインターン生の島村です。
今回は二年次の授業について紹介します。

前回に紹介したように、二年次の授業は実用的な技術やもう少し踏み込んだ内容となります。
二年次のカリキュラムも見ると、絵の具やカラーインクを使った授業が少しだけ減り、デジタルでの作業が増えます。これは、デジタル作品の需要が多いため、このような形になったのだと思います。

最初にアナログでの授業について紹介します。
二年次となってもデッサンの授業は存在します。二年次のデッサンではより細かく正確に、そして素早く描き込むことが目標になります。これを細密デッサンと呼んでいますが、かぼちゃや縄、スルメなどを描きます。さらに複数のものを描くことより質感の違いや距離感などを数種類の鉛筆を使い分けて描き込んでゆきます。一つの作品につき合計6時間から8時間、三週から四週かけて制作します。もちろんクロッキーもおこないますが、裸婦画としてデッサンのモデルとなっていただける方をお呼びし、人体の構造について考えながらクロッキーを行ったりします。この授業のときはモデルの方に配慮したルールが存在します。時間厳守として時間に遅れた生徒はその授業中は教室に入ることは出来ない、携帯電話の電源は切っておく、私語は一切禁止などのルールが存在します。
デザインの授業としては、様々な絵の描き方を学びます。美術大学では当然学ぶことだそうで、コラージュやテクスチャを使った作品作りなど色々な作品の作り方や表現の仕方があることを知ることが出来ます。

次にデジタルでの授業について紹介します。
二年次ではPhotoshopとIllustoratorの他に、新たにDreamweaverについて学びます。このDreamweaverとは、ホームページなどのウェブサイト作りに使用するものとなっています。この授業の目的は進路として選択の幅を広げる事にあります。WEBデザイナーは求人が多くとても求められている職業となっていて、進路として目指す方も多いです。内容としては人それぞれで得意不得意、向き不向きがありますが授業に一度も休まず、真面目に授業に参加していれば簡単なホームページは作れるようになると思います。
続いては、PhotoshopとIllustratorを使用した授業について紹介します。
二年次の授業では、新たに写真合成やチラシ、広告に関する授業が加わります。この授業では、PhotoshopとIllustratorのどちらも使用します。写真合成では画像の切り抜きや配置、色相彩度の変化などをPhotoshopで行い、Illustratorでチラシや広告の文字の形や色、画像の配置、入稿の仕方などを行います。Photoshopで切り抜いた画像やコラージュしたものをIllustratorで作成するチラシなどに活用することもあります。
そして、Photoshopを使用した作品作りとして、模写を行います。自分の気に入っているデジタルイラストや模写したいものの中から、現在の自分から少し難しいものを選び模写を行なっていきます。この授業の目的はこの作品がどのような機能や効果を使用し、出来ているのかを考え、Photoshopの機能を知り自分の作品作りに活かすためのものです。

そして二年次からは、ゼミが開始されます。今後ゼミの内容がどのような変化をするのか分からないので、自分の世代のゼミを紹介します。
まずはマンガのテクニックを学ぶゼミがあります。この授業では、マンガを作成するときに使用するつけペンやインク、スクリーントーンなどの使い方を学びます。カケアミやトーン処理などのテクニックなどを使用し、モノクロームならではの作品作りを行おます。最終目的としては、8ページほどの短編マンガを作成することにあります。
さらに、業界で活躍しているイラストレーターの方や編集部の方をお呼びし、更に実践的な作品作りにおけるテクニックや作品の見せ方を学びます。
最後にコンセプトアートイラストを作成するゼミも存在します。距離感の出し方、写真を加工し使用するテクニック及び注意点を学びます。

今回はここまでで終わりにさせていただきます。次回は三年生での授業や紹介しきれなっかた授業などを紹介したいと思います。
ここまで読んで頂きありがとうございました。次回もよろしけば御覧ください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー