序盤の基礎!駒の種類・動かし方について

こんにちは。インターン生の大橋です。
3回目は将棋の駒の種類・動かし方について紹介したいと思います。

将棋駒の種類には前回にも載せました通り、8種類あります。さらに将棋には相手の陣地に駒を進められると、成る(進んだ駒を裏返す)という行為が出来るようになります。
種類を覚えるということが大事ですが、覚えただけではいけません。
駒の動かし方についても把握しておく必要があります。
これから1つ1つ駒を見ながら動かし方についても見ていこうと思います。

【将棋の初期配置】

1.王将
縦5横一と九にいる駒。取られたら勝敗がつく駒。
前後と横と斜め前後にそれぞれ1マス動かすことが出来る。
成ることができない駒の1つ。

2.角行
縦2横二と縦8横八にいる駒。斜め動きのスペシャリストな駒。
斜め前後にどこまでも動けて、前後と横には動けない。
成ると角行の動き+王将の動きが出来るようになる。呼び方は角成や竜馬。
持ち駒になった場合どこにでも置くことが出来る。

3.飛車
縦2横八と縦8横二にいる駒。前後と横動きのスペシャリストな駒。
前後にどこまでも動けて、斜め前後には動けない。
成ると飛車の動き+王将の動きが出来るようになる。呼び方は飛成や竜王。
持ち駒になった場合どこにでも置くことが出来る。

4.金将
縦4と6横一と九にいる駒。守りに欠かせない駒。
前後と横と斜め前に1マス動けて、斜め後ろには動けない。
成ることが出来ないもう1つの駒。
持ち駒になった場合どこにでも置くことが出来る。

5.銀将
縦3と7横一と九にいる駒。攻めにも守りにも使える万能駒。
前と斜め前後に1マス動けて、横と後ろには動けない。
成ると金将と同じ動きが出来るようになる。呼び方は成銀。
注意したいのは、金将と同じ動きなので、後ろ斜めには動けなくなる。
持ち駒になった場合どこにでも置くことが出来る。

6.桂馬
縦2と8横一と九にいる駒。独特な動きをする駒。
桂馬がいる場所から、前2マス横1マスの場所のみに動ける。
(2九地点から1七か3七に動かせるということ。)
成ると金将と同じ動きが出来るようになる。呼び方は成桂。
持ち駒になった場合、自分の進行方向上段横2列には置くことが出来ない。
また、進行方向上段2列に入った場合には強制的に成桂になる。(置いたり、成らなかったら反則行為)

7.香車
縦1と9横一と九にいる駒。猪突猛進という言葉が似あう駒。
前にどこまででも動けて、横と後ろと斜め前後には動けない。
成ると金将と同じ動きが出来るようになる。呼び方は成香。
持ち駒になった場合、自分の進行方向最上段には置くことが出来ない。
また、進行方向最上段に入った場合には強制的に成香になる。(置いたり、成らなかったら反則行為)

8.歩兵
縦全列横三と七にいる駒。いっぱいいて、大切にしないと痛い目を見る駒。
前に1マス動けて、横と後ろと斜め前後には動けない。
成ると金将と同じ動きが出来るようになる。呼び方はと金。
持ち駒になった場合、自分の進行方向最上段には置くことが出来ない。
また、進行方向最上段に入った場合には強制的にと金になる。(置いたり、成らなかったら反則行為)

以上が駒の種類と動かし方になります。
最初は覚えるのに苦労すると思いますが、何度も何度も繰り返し動かしていけば、自然と動かせるようになります。

将棋の種類や動かし方について少しでもわかっていただけたでしょうか。
次回は禁じ手について紹介しようと思います。
ありがとうございました。

引用画像
http://rule.shougi.jp/rule/02.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー