多摩美生の発表の場

こんにちは、インターン生の渡邉です。
第3回目では多摩美生のご飯事情として食費や食事に関わる施設などをご紹介しました。
第4回目では「多摩美生の発表の場」と題して、学園祭や展示のこと、さらに個展やコンクールへの出品等の事をご紹介します。

★学内で行えるもの
【芸祭展示】

引用元:https://twitter.com/tamabi_kikaku

多摩美の学園祭である「芸祭」での展示は学内のスペースを借りての展示や、サークルでの団体展示、専攻での展示などがあります。また、フリーマーケットで小作品の販売を行う人もいます。
抽選や小額の出展料はありますが、学外から多くの方に作品を見てもらうことができます。なので、芸祭に向けて作品制作を進める人も多いです。

【専攻展示】

著者撮影

学科や専攻毎に、制作した作品を学内に展示する機会が設けられている事が多いです。また、専攻によっては特殊な方法での展示を行う事もあります。
回数や時期は、専攻や学年によって様々ですが、芸祭時に専攻の成果発表の展示を行うところが多いので、誰しもが必ず一度は展示を体験する事になります。
これらは専攻の助手さんが手伝いや指示をしてくれる事が多いので、展示に慣れていない人にはここで知識や経験を得るのも手です。

★学外で行うもの

【ギャラリーなどでの個展】

著者撮影

ギャラリーや店舗のスペースを借りて展示します。一つのスペースを借りるには数万円はかかり、銀座の有名なギャラリーになると1壁8万(これでも学割が効いていたり)もする事もあります。なので、学生の間ではスペースを数人で借りて団体で個展を行う人が多いです。
多摩美生は中央線沿線のギャラリー、原宿周辺のギャラリー、多摩美周辺地域のギャラリーなどで個展を行っている事が多いです。

【公募展・コンクールへの出品】
ファイン系デザイン系問わず、年間を通して様々な公募展やコンクールが行われています。
基本的には大学内に貼ってあるポスターで知る事が多いですが、学生課にはチラシや応募用紙がまとめられた専用のコーナーが設けられているので、ここを定期的にチェックしています。
人によって応募する数はまちまちで、3ヶ月や半年に1回応募する人もいれば、まったく応募しない人も居ます。
お金も時間も掛かるので、生活のとの兼ね合い次第です。

【デザインフェスタへの参加】
雑貨やアクセサリー、小作品などの多い人は デザインフェスタ へ参加している方が多いです。
最近は連携している企業さんや業界の人が見にくる事が多く、お仕事に繋がりやすいのも利点です。

★個展や展示をする理由

今はネットが発達しているので、ツイッターやインスタグラム、イラスト投稿サイトや動画投稿サイトなどで、作品を簡単にいろんな人に見てもらえるようになっています。
では、実際に作品を展示する事の良さは何でしょう?
これに関しては大きく二つの良さがあると思います。

一つは「実物を見てもらえる事」です。
作品の形態によってはネットで掲載するのが難しい作品や、実物を見てもらいたい作品があります。
油絵や日本画は大きな作品が多く、PCの画面だけではその迫力を表現しきれません。彫刻作品は大きい上に、全面を写真に収めるて掲示することは難しいです。インスタレーションアートやライブペインティングなど、場を借りて行うことを重要視している作品もあるでしょう。
これらの作品を人にみてもらうために、個展や展示は大変有用だと言えます。

もう一つは「人に会えるところ」です。
個展や発表の場は作家を目指す人にとっては、個展や展示を行う事でファンの方にお会いしたり、お仕事の話をいただけたり、作品そのものを買っていただく機会になります。
何より実際に個展を開いてみると、フライヤーや他の展示から来ていただけた方、画廊のファンの方など「新規のお客さま」に自分の作品を見ていただける機会が多い事に気がつきます。

実物を見てもらって、人に会って、次に繋げていく事が「作家としての道」の1つなのではないかと思います。

今回は「美大生の発表の場」ということで学園祭や展示等をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
次回は「多摩美のサークルや同好会」と題して、個性的な内容の多い、多摩美のサークルや同好会をご紹介させていただこうと思います。
ご覧いただきありがとうございました。

○はみ出し小話○
学内の芸祭の個人展示と専攻の個人展示は被る事が多々あります。仮に学生団体の展示がなくてもサークルなどの模擬店もあるので、高確率で何かしらと被ります。こうなってくると「作品数が足らない!」と半泣きになりながらギリギリまで作品を作る人もしばしば……
双方のシフトを行ったり来たりする事も多いので、芸祭期間はどの学生にとっても何かと忙しい数日間になるでしょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー