東京デザインテクノロジーセンター専門学校のひみつ

こんにちは、インターン生の川名です。

今回はCG系について話そうと思います。ですが専攻違いの為、あまり専門的なことは話せません、ご理解ください。

さて、今回話すのはゲームCGデザイン専攻のことです。

その名の通り、ゲーム中に使うデザイン全てを対象にした専攻です。

大雑把に分類してしまえば、背景とキャラクターの2種類です。(この場合の背景とは、キャラクター以外の全てです)

一口に背景とキャラクターと言っても、その範囲は膨大です。

背景なら、木々や建物、空や地面、転がっている小石や流れる川も含まれます。
いわば目に映る動物以外全部が背景扱いです。

キャラクターなら、そのキャラの髪型や髪色、顔の造形や身体の形、服装や小物まで含めて1つの扱いです。
勿論、モンスターや動物、ロボットもキャラクター扱いですので、人間だけ描ければいいというものではありません。
個人的な定義ですが「キャラクター」とは自分で動く関節があるものを指すと思っています。

植物や果物などは個人的には背景扱いですが、デザイン専攻ではどう扱っているのか私は知りません(´・ω・`)

CGデザインと言ってはいますが、鉛筆を持ってデッサンをする授業が必修であります。
自分でCGを描いてる人なら分かるでしょうが、CGとは3Dを指す言葉ではありません。例えば一枚絵、いわゆる二次画像ですが、あれは分類としては2DCGと言います。
そもそもCGとは「コンピュータ・グラフィックス」の略なので極論コンピューターを使って作っていれば全部CGです(笑)。

3Dメインの人もデッサンをします。これも自分で描いてる人なら分かるでしょうが、基本、デザインというものは参考があります。そしてその参考は当然現実のものが多いです。そのため、目の前のものを絵にする能力は必須といえるのでしょう。
3Dデザインの作り方としてよくあるのが2D、つまり平面絵を複数使い正面・横・後ろ・斜めと全体図を描き、それを元に作るというやり方です。

そんなわけで、一口にCGといっても2Dと3Dのどちらもありえるのです。

今回はここまで。ありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー