そもそも、TCGって作れるの? その3

 こんにちはインターンシップ生の柏木です。

 本日はTCGの第3回、カードゲームデザイナーについてのお話の二つ目です。

3. トップメタとするカードを選ぶ
 トップメタとはメタゲーム……つまり大会などの勝率を求めるゲームで最も流行っているデッキ及びカードの事を指します。
 みなさんも、何かしらの遊びやスポーツなどを取り組んでいたのであれば、一度は自分を磨くためにスポーツであれば流行のフォーム等、遊びであれば流行っている戦術などを取り込んだことがあるはずです。
 今回は、環境トップに置きたいカードを作っていきます。
 ただ、ここで注意したいことは、環境トップに置くべきカードは何でもできるカードではなく、それさえ出すことができれば殆ど勝つことができる様なカードです。
 何でもできるようなカードはそのカードしか使われなくなりますが、フィニッシャー……ゲームを終わらせるための強力なカードは、使うまでに多くの駆け引きを生み出し、使う環境を活発化させることができるからです。
 あくまで、ゲームを終わらせることだけができるカードが、望ましいです。それなら、いくらでも対策を立てることが出来ますし、逆に対策されたのなら、使わないという選択肢も生まれるからです。
 こうして1枚から2枚程、環境でよく使われるようなカードを作るといいでしょう。

4. カードデータのバランスを決定する。
 ここからはやっとカードデザイナーらしい仕事になっていきます。実は3と4は順序が逆なのですが、ここで3のカードをどんな効果にするのかも決めていきます。
 基本的にカードの能力は、計算することで算出できることが望ましいです。能力の数値は作ろうとしているゲームの形や、作りたいゲームの雰囲気によって大きく変わります。例えば、コストを支払わなくてもカードを使えるタイプのTCGを作る場合、手札1枚の重要性は跳ね上がります。しかし、コストを支払うタイプのTCGの場合はそのカードを使って手札を増やしても、増やしたカードを使うのに時間が掛かる為、重要性は前者程のものではないです。それでも、使えるカードが増えるという事は行動の選択肢が増えるという事でもあり、カードを増やすカードはそれなりにコストが重くなる傾向が多いです。ステータスの値や、他にもコストを補充するカード、相手を妨害するカード等にそれぞれ数値を振っていきます。それを、数枚作った能力を持たないカードに振っていきます。そうするとそのカードを作るために必要な数値がいくつなのかわかるはずです。

5. バランス調整
 まず、始めの頃はあまりカードに能力を持たせてはいけません。能力が多すぎると、遊ぶのに時間が掛かってしまい、そのカードゲームを楽しむ為の最初のとっかかり、ゲームの面白さが分からなくなるからです。最初はシンプルであることが望ましいのです。
 それから遊ぶことができるまでカードが揃ったら、このカードを作っていない人を呼んで何度か遊んでみましょう。まず、ここでルール説明が良く分からないと言われたらルールやルール説明を見直す必要があるでしょう。他にも強すぎるカードや使われないカード、使い方を理解されないカードなども現れると思うので、それぞれメモっておきましょう。

 4~5を繰り返すことで、カードを作っていくことになります。この時、失敗作のカードもファイル等に保管しておくと、遊んでいくうちに使う方法が生まれるかもしれません。

 他にもカードデザイナーの仕事はあるのですが、第一回から第三回までは個人でTCGを作るために必要な部分を抜き出して、お話ししました。次回は、実際に個人でTCGを作るにはどうするかについて、独断と偏見ですがお話ししたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー