おすすめの本10選⑩ 僕を拾ってくれませんか?

みなさんこんにちは、インターン生の加藤です。10回にわたりおすすめの本を紹介する第10回
最終回となります。最後におすすめする本は「植物図鑑」です。この本は、映画化もされている作品で
元はケータイ小説サイトで連載されていました。ジャンルとしては、恋愛小説になります。

まず初めに、主な登場人物を紹介します。

ある日の飲み会の帰り道に1人の男性を拾った、河野 さやか(こうの さやか)。
家事などは基本苦手で、形から入るタイプなので器具は揃っている。
絵本などで見た野草に幼いころから憧れている。

さやかに拾われた、日下部 樹(くさかべ いつき)。
家事全般と金銭管理を引き受けるという条件で同居する。
野草類に詳しく、それを使った料理も得意。

次に簡単なあらすじを紹介します。

自宅マンションの前に倒れていた、樹を拾ったさやかは一晩泊めさせた。翌朝、料理のにおいで目が覚めると樹が
料理を作っており、その朝食がおいしくてとても驚いた。出ていこうとした樹を家事全般と金銭管理をすることを
条件に家に留まるように提案し、躊躇しつつも樹もその提案に乗ることになる。そんな生活がひと月続いて、春になった。
さやかが仕事でのミスが重なり荒れていると樹が「近所の河原を散歩しないか」と誘ってきた。
それは、樹の趣味であった野草集めのためだった、そこで採取した野草のふきのとうの天ぷらやふきの混ぜご飯を
作って食べたことがとても新鮮だった。そこで二人は週末山菜取りに行くようになった。しかし、
樹は自分の置かれている状況をさやかに隠しているのだった。そのことから、2人の関係はギスギスしてしまう。
2人はまた週末の山菜取りに出かけられるのか。また、樹の置かれている状況とは…。
というような内容になっています。

この作品は、私がよく読んでいる作家さんの本でして他の有名な作品は「図書館戦争」を書いて
います。また、この本の最後には作中に出てくる山菜を使った料理のレシピが書かれているのも
おすすめする1つの理由となっています。また、なかなか知らない山菜や「えっ、それも食べられ
るの」というようなものもまで出てくるので夢中になって読むことができると思います。恋愛も
のなので読んでいると、とても微笑ましく、またちょっと羨ましいなっと思ってしまうような関
係の2人なので、気になった方は手に取っていただければと思います。

以上で今回おすすめする本「植物図鑑」でした。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー