これであなたも打楽器マスター!(太鼓系)

はじめまして。インターンシップ生の黒木誠です。
今日から2日間、私が中学時代から吹奏楽部で演奏している
「打楽器」を2回に分けて紹介をしていきたいと思います。

今日は「太鼓系」の打楽器を紹介していきます。

・スネアドラム
  「小太鼓」という名称で多くの人に知られています。行進曲等でリズムを刻む楽器です。
  吹奏楽で使用するスネアドラムと、パレードやマーチングで使用するスネアドラムは別物です。
  大きさや音色など様々で、曲の雰囲気に合わせて太鼓の種類を変えています。

   引用元:「YAMAHA」(https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/percussion/index.html

・バスドラム
  「大太鼓」という名称で多くの人に知られています。重低音の響く音で曲のビートを刻みます。
  大きな音を出すとかなり床が振動します。
  マーチングでは楽器を担いで演奏します。

   引用元:「YAMAHA」(https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/percussion/index.html

・ティンパニ
  「打楽器の王様」と呼ばれています。4つ~5つの太鼓を並べて演奏します。
  バスドラムとは異なり、ペダルを使って音程を変えることができます。

   引用元:「YAMAHA」(https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/percussion/index.html
  
・ドラムセット
  吹奏楽だけではなく、バンドでよく見かける打楽器です。
  数多くの太鼓とシンバルを両手両足を用いて演奏しています。
  激しい曲だけではなく比較的静かな曲でも演奏することがあります。

   引用元:「Japan Percussion Center」(https://komakimusic.co.jp/shop/)

・トムトム
 複数個の太鼓(トム)を並べて演奏します。
  太鼓の数だけ音の種類があり、数が多いほど存在感が大きくなります。

   引用元:「Japan Percussion Center」(https://komakimusic.co.jp/shop/)

・コンガ / ボンゴ
この2つの楽器は形がよく似ていますが、大きさが全然違います。
  大きいほうが「コンガ」、小さいほうが「ボンゴ」です。
  エルクンバンチェロ(高校野球の応援曲の定番曲)などのラテン系の音楽を演奏するときに使用されます。

   引用元:「Japan Percussion Center」(https://komakimusic.co.jp/shop/)

今回で「太鼓系」の打楽器の紹介を終わります。
次回は「鍵盤楽器」「小物楽器」を紹介します。

この記事を読み、打楽器に興味を持たれた方は、「打楽器アンサンブル」と検索してみてください。
打楽器だけで演奏された様々な曲を聞くことができます。

記事を読んでいただき、ありがとうございました。

引用元:
「YAMAHA」(https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/percussion/index.html
「Japan Percussion Center」(https://komakimusic.co.jp/shop/)

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー