ゲーム会社起業の秘訣その2「アクイリス」(後半)

こんにちは、インターン生のファビオです。

そういう資格がないながら前回はゲーム会社を起業するときの難関やadvergamesと仕事の意識に関して少し話してみましたが。
今回はadvergamesを主力として、ブラジルのゲーム業界の有力のある大手企業として定着したAquirisを紹介します。

2007年、ブラジルの南にある、リオ・グランデ・ド・スル州、ポルト・アレグレ市に設置されて、建築企業の下請けとして3d模型や図形などを作成する会社として誕生しました。
その内ゲーム業界に進展して、advergamesの作成に取り掛かりました。取引先はコカコーラやブラジル人なら知らないわけがないグローボ(ブラジルの一番大きいテレビ放送局)など名高い企業もあります。Aquirisの従業員数は約70人、ブラジルのゲーム業界の基準で非常に大きい数と見られます。ゲームは50作品もの以上も作ってきて、一年の収益は約500万ドル。
当初はadvergamesばかり作ったものの、会社の財産が増えたにつれて、会社のオリジナルタイトルにも挑戦できるようになりました。

こちらのHPにいくつかの例があります。
https://www.aquiris.com.br/

ところが、ゲーム業界でのAquirisの評判は賛否両論。会社として成功の例であることは言わざるをえ得ないが、業界の人の一部に「利益だけを求めている企業」というレッテルを貼られた。
ブラジルのゲーム業界はまだ若く、中小企業やインディゲームクリエイターが大半を占めている。現状を覆さなきゃと企業の発展を図っている。その目的を発達するには、国内だけではなく、世界中にブラジルの企業の名前を知らせるのは第一課題と主張して、各作品に全財産をかけて、ファイナルファンタジーの覚悟で、常に名作を目指そうとしています。
その人たちにとってはAquirisが何もリスクを冒さずに安定にやっていける現状はどうしても癪に障る。

その評価に対してAquirisは自覚しているつもりで、ぼちぼちオリジナルタイトルの制作にも取り組んでいる。「Aquirisはブラジルゲーム業界にて有力な企業であり、業界全体の発展を目指すべき。ですが、Aquirisがここまでやってこれたのは間違いなくadvergamesのおかげです。そのことだけは忘れなきゃいけない」と社長が主張しました。

私としてはゲームでありなんであり、お金は欠かせないのでAquirisの姿勢を理解できる。
業界の発展ひいてはAquirisのためにもなるので、Aquirisからもっと業界のための働きを求めているインディクリエイターの気持ちもよく共感できる。

どこまで衆のため自分を犠牲にするがいいか、ましては会社の立場だとしたら。
その質問の答えを考えながら今回はここで終わります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー