ディジタルホログラフィについて

こんにちは、今回でこの記事も最後となりますが、最終回はディジタルホログラフィについて説明していきたいと思います。

ホログラフィは光源から直接伝搬する参照光と物体からの透過光・反射光で作られる物体光の間の干渉縞を記録媒体に
に投影することで記録されます。従来ホログラムを写真乾板やフィルムに記録する手法はアナログホログラフィと呼ばれ、現実に存在する物体に記録します。
それに対し、CCDやCOMSセンサーなどのイメージセンサーで撮影したデジタルデータの干渉縞画像をホログラムとして取り込んで、このホログラムから被写体の像を
コンピューターで数値再生する技術をデジタルホログラフィと呼びます。
現在のホログラフィについての研究はこちらのデジタルホログラフィを対象としたものが主となっています。
この技術を使うと被写体の位相情報や三次元情報を記録可能、被写体の定量的な解析が可能で現像処理が不要であるため、その結果、計測や実時間計測が可能、用いる光の波長依存性が低いというメリットがあります。
一方で、CCD 画素を利用したデジタルホログラフィでは CCD 素子の解像度が低いために物体光と参照光の角度を数度以下にしなければならないので、前回紹介したオフアクシス型のホログラフィが使えないため、
直接像、共役像が重なって再生されてしまう問題点がありました。そのため、デジタルホログラフィではよく位相シフト型ホログラフィが使われています。
この方法では、参照光の位相をずらせて少なくとも3枚のホログラムを記録し、これらの位相シフトされた干渉パターンからCCD上の複素振幅が求められるので、必要な像だけを再生することが出来ます。
これにより、インライン型を用いて重なりのない再生像が得られるようになったため、デジタルホログラフィが使われるようになっていきました。

最後にデジタルホログラフィについて説明しました。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

参考文献:久保田 敏弘(2010) 「ホログラフィ入門―原理と実際」 朝倉書店.

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー