美少女ゲームの歴史#6 日本語とゲーム音声の関係

みなさんこんにちは
インターン生の成澤です

前回、ゲーム音声についていくつかお話ししましたが、今回は日本語についての話になります。

日本語にも他の言語と同じく一定のルールがあります。
その中の一つに、二人称代名詞に関する上下の区分というものがあります。
みなさんはご両親のことを名前を呼ぶことなく「お父さん」「お母さん」、のように自分との関係性を示す代名詞で呼ぶことができます。
しかし、上位の立場の人からは「おい、息子」といった呼びかけは特別な場合を除いてできません。
これは先生や生徒、先輩後輩といった関係性においても同様のことが言えます
英語の場合と比較してみましょう。
例えば、子供が母親相手に「お母さんなんて嫌い」といった言葉を発したとしましょう。
この場合、話者である私(子供)が省略され、話者に対面する人物(母親)を「お母さん」と呼称しています。
この場面を英語に訳すと、子供は「I hate you」という言葉を発します。
英語では対面する相手が話者にとって誰であれ、二人称は「you」となるわけです。
このように、我々が普段他人から呼びかけられる時には非常に多用な呼ばれ方が想定され得るのです。

つまり、ゲーム内のキャラクターがこれらの他称詞を代名詞的に使用する場合、プレイヤーは部分的な自己同一と誤認する可能性があるわけです。
この呼称法則を効果的に使用しているのが「美少女ゲーム」や「乙女ゲーム」などのシミュレーションゲーム、アドベンチャーゲームです。
主人公の名前を自身で決定する場合、あるいは固有名として決定している場合であっても、ゲームキャラクターが代名詞で呼称する場合にはその同一性が保たれます。
この手法が特に顕著にあらわれているのが、2000年代初頭に起こった所謂「第二次メイドブーム」です。
メイドであるキャラクターは、主人公やプレイヤーの名前がなんであれ自動的に下位の立場となるので、それらを「ご主人様」と呼称することが可能となります。
このブームが、以前お話ししたゲーム音声の変革から約10年ほどで起こっていることには非常に興味深いものが伺えます。

この手法は、現在市場規模を拡大しているソーシャルゲームでも広く使われています。
ソーシャルゲームでは他のプレイヤーと区別するためにプレイヤーネームの存在は不可欠ですが、同時にキャラクターボイスが実装されているゲームも数多く存在します。
それらのゲームでは、ほぼ例外なくプレイヤーは登場キャラクターより上の役職として設定されており、音声とテキストが干渉しないように配慮されています。

今回私が説明したことは、おそらくゲームをプレイする皆さんが無意識的に理解している部分だと思います。
しかし、それを歴史的、語学的に解釈するのも面白いと感じませんでしたか?
ゲームが好きな皆さんが少しでもこういった部分に興味を持ってくれたら嬉しいです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー