企画・シナリオ専攻について(後編)

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
前回に引き続き、企画・シナリオ専攻について紹介します。

今回はその後編です。
前編では企画の部分にスポットライトを当てましたが、
今回はシナリオの部分にスポットライトを当てます。

シナリオの授業では
シナリオの書き方の基本を学ぶだけでなく、実践的に
映像用シナリオ、ドラマCD、ノベルゲームなどを制作しています。
どれのシナリオかによって、書き方が違います。

とはいっても、いきなりシナリオを書き始めるのではなく
まずプロットを書いて、物語の主人公像と世界観を決めます。
誰が、どうして、どうなったという短いプロットから
場所、主人公の行動目的、主人公に降りかかる災難、それをどう乗り越えたか
などを付け足していき、長いプロットを作っていき、
起承転結が固まったらシナリオを書き始めます。
書いたシナリオは、教師に見せてリテイクを行います。

リテイクを重ねて完成したシナリオを
シナリオ公募ページに応募して出してみたり、
チームでノベルゲームを制作して、2月に行われたヒューマンスタイルで展示したり
ということも行いました。

ドラマCDに関しては、世界観とキャラ設定を決めて脚本を書くだけでなく
イラストとボイスの発注も行いました。
そして音声編集を行い、CDに焼きこむ作業をしています。

一口にシナリオと言っても、シナリオの実力がつくだけでなく
発注の方法、見せ方なども学べます。

次回は校外学習について紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー