アルスコンピュータ専門学校のひみつ3回目

こんにちは!インターンシップ生の斎藤生吹です。

今回で3回目。最終回となりました。
前回までの内容はアルスの各コースの簡単な説明と、私の所属しているゲームクリエンターコースについて詳しく話しました。
そこで今回はアルスの凄いところについて話していきたいと思います。

・文部科学大臣認定校
アルスは職業実践専門課程というのに認定されています。
専攻分野の実務に関する知識や技術、技能について、企業や業界と連携し組織的な教育を行っている学校のみが認められるもので、県北の専門学校で認定されたのはアルスだけです!

・アルスは埼玉県知事認可の専門学校
授業時間数、教員数、設備などに関する一定の基準(専修学校設置基準等)を満たし、所轄庁の埼玉県知事より正式に認可されています。

・専門士・高度専門士の称号の付与
アルスでは2年制学科卒業時に専門士の称号が付与されます。専門士とは一定の要件を満たす専門課程の修了者の称号で、短期大学士と同等とされ4年制大学編入も可能です。

アルスは国と県から認められており、卒業と同時に専門士の称号が貰えます。
このように認めらるための取り組みがアルスにはあります。

・教育の取り組み
◆ 企業や業界と連携したカリキュラム編成
 業界の人と話し合い、業界に就職しやすいカリキュラムを作り実施しています。

◆ 企業や業界と密接に連携した実践的な演習・実習
 業界の人に講師になってもらい、より実践的な内容を学べる環境を作っています。

◆ 教員力・指導力向上のための研修を実施(教育の質の向上)
 生徒である私はわかりませんが、こういう取り組みをしています。

◆ 学校運営の透明性(学校関係者評価と情報公開の実施)
 学校関係者や保護者の方に納得いただけるように情報の公開を行っています。
 その一つとして、保護者の方に集まってもらい、コース別の就職活動の仕方を説明しています。終了後に個別の質問にも対応しています。

アルスは企業と連携して業界に就職しやすい環境を作り、学校運営の情報を公開することで学校関係者や保護者の方に納得していただいているため、国と県から認められているのです。

最後に学校全体の教育方針をお話します。
教育方針は2つあります。
・1つはスペシャリストの育成です。
アルスでは、現代社会の要請、特に地元産業の求める人材を育成します。そのため、実社会で必要とされ、その発展に寄与できる能力・知識・技術・資格を 備えた〝スペシャリスト〟を養成します。

・2つ目は豊かな人間性の育成です。
明るく健康で建設的な意思を持ち、協調性と人間性豊かな良識ある社会人を育成します。

この教育方針があるからこその教育の取り組みであり、国と県から認められる専門学校になっているのです。
今回でアルスについての記事は終わりになりますが、興味を貰えたならぜひサイトを検索していただければと思います。
ありがとうございました。

参考URL: http://www.arsnet.ac.jp/school/about.html
一部引用させていただきました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー