音楽のひみつ~コード~

初めまして。インターン生の濱森洋輔です。
皆さんはこの曲はあの曲と似ていると感じたことはないでしょうか。
もし似ていると思ったら、それはコード進行が同じだからかもしれません。
音楽にはコード進行というものがあり、音楽の雰囲気に関わっています。
今回はコード進行の説明の前に、コードについてご説明します。

1.コードの作り方

コードとは、複数の音程でできた音です。
ピアノの白鍵を1つとばしで3個同時に弾くと、コードが鳴ります。
ドとミとソを同時に鳴らすとC(シーメジャー)というコードができます。
ラ、ド、ミを同時に鳴らすとAm(エーマイナー)というコードができます。
これらのコードに使われた音を同じだけずらすと、他にもコードが作れます。

2.コードネーム

コードには、C(シーメジャー)やAm(エーマイナー)など、コードネームという名前があります。
コードネームはどのようにして決まるのでしょうか。
C(シーメジャー)はドミソが使われています。
コードの基準になる音をルートといいます。
このコードはドが基準になっているので、ルートはドになります。
コードネームにはルートの英語名を使います。
ドレミファソラシドは英語名でそれぞれCDEFGABと呼びます。
C(シーメジャー)に使われた音を同じだけずらしたコードには名前にメジャーが付きます。
Am(エーマイナー)に使われた音を同じだけずらしたコードには名前にマイナーが付きます。
また、コードネームに♯(シャープ)や♭(フラット)が付くことがあります。
♯(シャープ)は鍵盤1個分音が高い、♭(フラット)は逆に1個分音が低いという意味です。

コードの説明は以上です。
次回はコード進行についてご説明します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー