音楽のひみつ~コード進行~

インターン生の濱森洋輔です。
前回の記事でコードについてご説明しました。
コードについて理解して頂けましたでしょうか。
今回はコード進行についてご説明します。

1.コード進行

コード進行とはコードを繋げたものです。
コード進行は音楽の雰囲気に関わっています。
例えばこのようなものがあります。

| F | G | C |

これはF(エフメジャー)とG(ジーメジャー)とC(シーメジャー)が順番に鳴っているという意味です。

2.キーの種類

キーはある音を基準にした、決まった音の並びのことです。
キーには長調と短調の種類があります。
例えば、C(シーメジャー)というキーは長調です。
C(つまりド)が基準の音で、音が低い順にドレミファソラシドという並びが使われています。
このドレミファソラシドを同じ音の高さだけずらすことで、長調というキーができます。
長調のキーの名前には、C(シーメジャー)というように基準となる音の英語名が付きます。
表記するときはメジャーを省略します。
また、Am(エーマイナー)というキーは短調です。
A(つまりラ)が基準の音で、音が低い順にラシドレミファソラという並びが使われています。
このラシドレミファソラを同じ音の高さだけずらすことで、短調というキーができます。
短調のキーの名前には、Am(エーマイナー)というように基準となる音の英語名が付きます。
そのあとにAmのようにm(マイナー)が付きます。

3.コード進行とキーの関係
コード進行のキーを変えることで、そのコード進行に使われているコードが変わります。
例えば、| F | G | C |というコード進行のキーがC(シーメジャー)だったとします。
キーをG(ジーメジャー)にすると、コード進行は| C | D | G |になります。
もし似た曲があると思ったら、コード進行が同じでキーが違うのかもしれません。

コード進行の説明は以上です。
次回は有名なコード進行である、王道進行についてご紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー