インターン2日目 cocos2dの勉強

こんにちはインターン生の衛藤です。

本日は1日目の最後の方に少し行った、cocos2dの勉強をしました。
とりあえずcocos2dはどうプログラミングしたら言いか分かりづらかったのでどういう風に書けばいいかというのをネットで記事を探しました。参考にしたサイトは以下の通りです。

Aqutras Members Blog cocos2dで簡単ゲーム制作

creive ゲーム開発入門!cocos2d-jsでHello Worldを表示してみよう

これらのサイトを参考にしながらcocos2dでプログラムを書いていました。

その結果画面に画像を配置する事ができました。またif文を使用してランダムな値をとり、それを文字として画面に表示する事もやりたかったのですが変数を文字として表示するのに手間取り、結局ランダムな値を入手するところまでに収まりました。

画像を配置するに当たって画像を置くファイル、その画像の宣言と配置という手順があります。
まず画像をおく位置はプログラムのファイルの中のresと言うフォルダが一般的との事です。
次に画像の宣言ですがデフォルトでsrcフォルダのなかにあるresource.jsに書きます。名前は基本ファイル名_拡張子と言うのが一般的らしいですが適当な名前でも動きます。
最後に画像の設置ですがこれはまずresourceで宣言した画像を

this.変数名 = new cc.Sprite(res.resourceで宣言した名前);

と言う感じで変数に入れて、

this.変数名.attr({
x:配置場所(x座標),
y:配置場所(y座標)
});

と言うので表示する場所を宣言し、

this.addChild(this.変数名, 0);

というのでレイヤーの子供に入れる事で表示が可能となります。

ランダムはMath.randomで取りました。しかしこれだと0~1の間しか取れない感じでした。

今回の成果としては
・画像の表示
・ランダムな値の取得(表示は失敗)
でした

今後はもうちょっと勉強して最終的にはゲームを作れるように頑張りたいです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー