音楽のひみつ~王道進行~

インターン生の濱森洋輔です。
前回の記事でコード進行についてご説明しました。
コード進行について理解して頂けましたでしょうか。
今回はよく使われるコード進行である、王道進行についてご説明します。

1.王道進行

王道進行は次のようなコード進行です。

| F | G | Em | Am |

キーはCだとします。
実際は、キーを変えて使われている音楽が多いです。
このコード進行は定番のコード進行です。
アニメソングでよく使われていて、非常に盛り上がる雰囲気があります。
イントロから、Aメロ、Bメロ、サビまで様々なところで使われています。
王道進行を知っている人なら、この独特な響きを聴いてすぐに王道進行だと気づくでしょう。

2.王道進行の使いどころ

王道進行は定番のコードですが、実は使うのにも工夫がいります。
沢山使われ過ぎて、いい加減に飽きる人もいるでしょう。
私がその一人です。
それでも王道進行の使い方が上手ければ、その不満はたちまち称賛に変わることでしょう。
私が良いと思う方法は、王道進行だと気づかないようにすることです。
伴奏、例えばギターやベースから王道進行が使われていると気づきます。
伴奏よりメロディーが目立つと気づかないでしょう。
メロディーを聴こうとすると、王道進行が出てきても意識がメロディーに向くでしょう。
そうすると「また王道進行か」と思わなくなるのではないでしょうか。

3.王道進行が使われているオススメのアニメソング

私は聴いて来たアニメソングの中から、王道進行の使い方が上手いと思ったものをご紹介します。

「Snow halation」(ラブライブ)
Aメロに使われています。
繰り返して似た形で使われていますが、前半は伴奏が控え目になっていることで、王道進行だと気づきにくいと思います。

「はっぴぃ にゅう にゃあ」(迷い猫オーバーラン! OP)
サビの後半に使われています。
コードを一部変えることで、音痴のように聞こえるメロディーと共に甘い雰囲気が出ています。

「Baby Sweet Berry Love」 (変態王子と笑わない猫。 ED)
イントロとサビに使われています。
メロディーが良く、比較的速いテンポによって疾走感が出ているため、メロディーや曲の雰囲気に意識が向くでしょう。

王道進行の説明は以上です。
アニメソングにかかわらず、非常によく耳にするのが王道進行です。
あなたも意識しないだけで、聴いているかもしれません。
今回や前回の記事を読んで、少しでもコードやコード進行について興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー