民族衣装を紹介!着物編

いよいよ最終回。着物について説明します。
日本に伝わる伝統的な衣装、着物。
特徴は布を曲線に切り立体構成によって作られる洋服とは違い、
一反の布(12メートル分)から作られ全て四角いパーツの平面構成の衣服であることです。
かつては全て手縫いで作られていたため傷んでもパーツを解いて他の用途に使う事ができます。例えば元は着物だった物が使い古されて布団になったりオムツになったり下駄の鼻緒になったりして最終的には火にくべられて灰になります。
とてもエコロジーな衣服なのです。
もちろん今はそのような使い方はしません。しかし着物を作る際に反物は余す事なく使いきれるように裁断できます。やはり無駄のない衣服です。

ところで着物とは
冠婚葬祭、訪問用、カジュアルなどTPOに合わせ様々な使い分けがされるのはご存知だと思います。
ここからはその種類について説明します。

フォーマルな着物は留袖、振袖です。
合わせる帯は袋帯。
振袖は成人式で女性が着る事で有名ですね。振りとは袖の長くなっている部分を指します。基本的に若い人ほど振りは長く、年配の方になるにつれて振りが短くなります。この傾向は以前解説したルーマニアの巻きスカートにも通じるところがあると思います。
黒留袖は既婚女性専用で色留袖は未婚でも着られます。振袖はいわばドレスで未婚の若い女性がパーティー用に着る事もあります。

http://kururi.net/assets/img/variety/kuro_tomesode.jpg

http://kururi.net/assets/img/variety/furisode.jpg

セミフォーマルなのは訪問着、付け下げ、色無地です。
これには洒落袋帯というものを合わせます。
この中では絵羽と言われる手法を使って柄が染められている訪問着が一番華やかな印象になります。付け下げはその次くらい。訪問着ほどの華やかさがないかわりにややカジュアルな雰囲気でも活躍します。色無地は文字通り無地一色の着物です。紋をつければフォーマルな場面でも活躍できるようです。

http://fsimg.kururi.net/fs2cabinet/s00/s0020170200043/s0020170200043-m-02-dl.jpg

http://fsimg.kururi.net/fs2cabinet/005/0050126300001-b/0050126300001-b-m-09-dl.jpg

そしてカジュアルなのが小紋柄や紬といったものです。他にもデニム着物や綿の着物、浴衣もここに入ります。
名古屋帯という幅の狭い帯を合わせます。
小紋は細かな模様が染められた着物ですがおしゃれなしてお出かけするにはちょうどいい華やかさを演出してくれるでしょう。
紬はいわゆる先染め(糸の段階で染めてから織り上げる)の反物を使用しておりチェック柄が多いです。ちなみに筆者は八丈格子という柄の紬をもっています。
浴衣はもっともカジュアルな着物と言えるでしょう。夏になると浴衣を着た女性が歩いている様子をよく見かけますね。

http://kururi.net/assets/img/support/komon.jpg

http://fsimg.kururi.net/fs2cabinet/005/0050111380002-b/0050111380002-b-m-13-dl.jpg

このように着物には様々な種類があります。少し前までは着物は型を崩してはいけないと、TPOや季節で決まった柄を着なければならないといった型にはめる認識が多いかったのです。
しかし今では浴衣をはじめとするカジュアルな着物も着られるようになったと感じます。実際筆者も前述した紬の着物には自作の帯を合わせています。
ここまで読んで下さってありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー