それぞれの進路

皆様ごきげんよう。インターン生の後藤明日加です。
今回は、企画・シナリオ専攻の学生たちの進路について紹介します。

ゲームカレッジというからには、目指すはもちろんゲーム会社ですが
卒業後の進路は大きく分けて2つあります。

1つはゲームプランナー
もう1つはシナリオライターです。

プランナーは、新しい企画の立案だけにとどまらず
ゲーム制作の設計図となる仕様書を作ります。
プログラマー、デザイナー(場合によってはシナリオライターやサウンドクリエイター)の
それぞれが、作ることに専念できるように橋渡しを行います。
ゲームバランスやマップ・データなどを考えて作るのも実はプランナーの仕事です。
よく言えばゼネラリスト、悪く言えば雑用とも言われます。

そんなプランナーは経験を積むと、ディレクター
ひいてはプロデューサーに昇格します。

ディレクターは、制作現場を仕切る人で
ゲームのクオリティコントロールや納期管理などが主な仕事です。
プロデューサーの考える販売戦略に見合う商品を作れているのかチェックします。
時にはプロデューサーと話し合い、ゲームの改変を現場に命じることがあります。

プロデューサーは、ゲーム制作にはあまり顔を出しませんが
予算、販売戦略、マーケティングなど
どうやって利益を上げるかを中心に考えて、出来たゲームを販売・提供します。(ゲームによってはメディアミックスやグッズ展開などをも考えます。)
企業によっては、プロデューサーとディレクターを兼任する場合もあります。

プランナーからディレクター、それからプロデューサーと昇進することが多いです。

そしてシナリオライターは、
ゲーム内の台詞やテキストを制作します。
ノベルゲームやアドベンチャーゲームなどで、シナリオに力を入れている企業の場合
複数人で分業することもあります。
ただ、企業によっては社内にライターがいないこともあり、外部に発注します。
ゲーム会社に就職するのみならず、フリーライターとして活動するライターもいます。

学校の紹介も、次回で最終回となります。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー