サッカーに次カウンターストライク?

こんにちは、インターン生のファビオです。

前回はeスポーツについて、とくにリーグ・オブ・レジェンドに関してはブラジルはまだとっても弱いという残念な話でした。今回は違うeスポーツ、カウンター・ストライク(CS)を紹介ます。
CSはファースト・パーソン・シューティングゲームのジャンルの中で、eスポーツとして一番人気のあるゲーム。大会の放送ともなると、リーグやDota2に匹敵するほどの視聴者数を抑えます。

1999発売されて、CSというゲームは最初は大学生2人によって、ただのハーフライフのMODでした。当時のFPSゲームに比べたら、CSのほうがずっとスキルと作戦が重視されたため、ゲーマーたちの絶賛を浴びて、人気を集めた。2004は更新されて、カウンター・ストライク・ソースになった。2012は最新作品カウンター・ストライク・グローバル・オフェンシブとして発売された。
2013から公式トーナメントが開催されて、賞金がだんだん増加してきた。EリーグやESLプロリーグなど大きなトーナメントが大金を賞与して、人気のあまり、Eリーグはアメリカの一般放送局にまで放送されたこたがあります。

初代のCSからCS:GOにかけて、ブラジルにとてつもない人気があって、そのため大会でブラジル人のチームが活躍できた。2010くらい、いったんブラジルはプロCSの世界から消えてかけたが、再び立ち上がり、今はあるラジル人のチームが世界のトップに立っている。2016に結成されて、キャプテンFallenが率いるSKゲーミングです。

2016の最大なトーナメントESL CologneとMLG Columbusを勝ち取った。同年スタープレイヤーcoldzera選手が「The Game Awards 2016」で「Best eSports Player」や「eSports Industry Awards 2016」で「PC Player of the Year」などの賞を獲得して、当時は間違いなく世界一のチームでした。
今年はチームメンバの変更などによってまだ安定なプレイを見せることができていないが、下記のURLで最近の実績を見てもらいたい。
http://liquipedia.net/counterstrike/SK_Gaming
去年は大会の賞金だけで約200万ドールも稼ぎました。

私は最近あまりCSに興味はありませんが、こんなに勝っている自分の国のチームがいると、気になりますよね?ちょっと見たくなるよね?
今はまったくCSをプレイしていないものの、私もCSにはまった時期がありました。15年前くらい、私が中学生だった頃、結構やりこんでいまして、夏休みのときはわずかな小遣いを費やして、近所のネットカフェを通い詰めた。

今回はこれで以上ですが、次回はもう少しCSの話になります。特にFallen選手に関して詳しくお話していきたいと思いますので、ぜひまた見に来て下さい。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー