駿河台大学の講義

こんにちは、金井大介です。今回は前回の続きで駿河台大学の講義についてお話していこうと思います。

<駿河台大学の授業形態> 駿河台大学では自分の履修を決める際ポータブルサイトを使い履修申告をします。 この時確認しておかないといけないのは、共通科目か専攻科目かというところです。 駿河台大学では学部事に専攻科目群というのがあります。卒業までには専攻科目何教科、共通科目何教科など分かれていてどちらも取らないと卒業条件には満たさなくなってしまいます。さらに必修科目とかになるとその年で取らないと来年、再来年の必修科目を受けることが出来なくなってしまいます。そのため履修登録をするときは科目数をしっかり確認して受けましょう。 駿河台大学の時間割は他の大学と少し変わっていて、一限目の始まりは9時20分となっています。 そこから一時間半授業を受け10分休憩をしての繰り返しで5時限目まであり一番遅い時間になると18時半までの講義となります。ですがその時間でもバスは運行しており帰るのにも困ることはありません。 駿河台大学は講義棟同士の距離はあまり遠くありませんが、縦に長く四階から違う講義棟への四階に行くとなるとのんびりしていると間に合わなくなることがあります。 駿河台大学には、いくつかのゼミがあります警察や消防士や市役所で働きたい人達用のゼミもあれば哲学や都市論などの分野もあったり、大学院に行きたい人向けのゼミもあります。全てのゼミというわけではないですが、ゼミの中では合宿に行ったり飲み会などをして親睦を深めるゼミもあるそうです。 私は哲学のゼミに所属しておりましたがそこでは毎日一冊の小説を各自読んできてそれについてまとめるということです。そこでは各自の意見がぶつかるため軽い討論が始まりとても文章力や読解力が身につきます。 <駿河台大学、学外講座>
駿河台大学では長期休暇の際に「公務員講座」と言われるのが開かれます。そこでは、公務員を志望している人だけでなく自分の基礎学力を上げたいという人や専門知識を身に着けたいと考える人も受けています。
私もこちらの講座を2年の後半から受け私自身の基礎学力を上げてきました。公務員志望に対しての手当てはとてもいいと感じるので公務員を目指す人は少しお金かかってしまうんですけど受けてみるといいと思います。

今回は駿河台大学の講座や学外講座について紹介させてもらいました。次回は駿河台大学のサークル活動や部活動について紹介していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー