メジャーなものからマイナーなものまで

こんにちは!
インターン生の千葉勇美です!
今回で最終回になるトランプシリーズですが、最後はとてもとてもマイナーなゲームについて話していきたいと思います!
その名も「うすのろ」というゲームです!プレイ人数は、3人からなんと13人(目安)トランプゲームで参加可能人数がここまで多いのはなかなかありませんよね!?
今回は参加人数4人で想定して説明していきたいと思います!
用意するものは、人数×同じ数字のカード四枚一組。
人数より一つ少ない駒。
この二点です!
それでは、ゲームスタート!!

1.参加者で円を作ります
2.その後駒を中心におきます
3.手札を四枚ずつ配ります
4.「1、2,3」や「いっせーの、せっ」の掛け声でカードを一枚横の人に渡す
   誰も手札が同じ数字で揃ってない場合は、1に戻る
5、手元に同じ数字が四枚一組揃ったプレイヤーが駒を取る。
6、その他のプレイヤーは、真ん中の駒を急いで取る

この時に取ることができなかった人は、ペナルティが1ポイント与えられる
ペナルティは下から「う」「す」「の」「ろ」の合計4ポイントになっていて、
全て揃った人の負け。
また、お手つきも同様に1ポイントになっています!

プレイヤー同士でフェイントをかけたりすることで、いろいろな面でも戦いになるのでカード回りの運だけでなく、反射神経、心理的優位にたてるかどうかが、勝負の鍵です!そしてそれこそがこのゲームの醍醐味です!

また、例のごとくローカルルールがありました!
・うすのろ」になった時点で負けではなく、さらに続ける「うすのろまぬけ」と「け」まで最初に到達したプレイヤーを負けとする。
・また同様に、「うすのろばかまぬけ」と「け」まで最初に到達したプレイヤーを負けとするものがある。この場合、ゲームを「うすのろばかまぬけ」と呼ぶが、カードを渡すときのかけ声も「うすのろばかまぬけ」とする。
・「会話制限ルール」
 ①う」の人は「う」同士、「うす」の人は「うす」同士でしか会話が出来ない
 ②1回も負けていない人は絶対に負けている人の口を聞いたり、返事をしてはいけない。もし1回も負けていない人が「うすの」の人とうっかり口を聞いてしまったら、その人は一気に「うすの」になってしまう恐ろしいルール
等の更に楽しくなりそうな内容のものでした!

三回に渡る内容でしたが、国語力もなく、拙い文章でしたが、最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー