おすすめアメコミ映画1「スパイダーマン(2002)」

初めまして。インターシップ生の福間です。

みなさんはアメコミというものをご存知でしょうか?
これはアメリカンコミックの略称で、アメリカの漫画作品の総称です。
スパイダーマンやスーパーマンなど、有名な作品は映画化しているものが多く、みなさんも一度は観たことがあるかもしれません。

今回から、僕が今まで観たことのあるおすすめアメコミ映画をみなさんに紹介したいと思います。

一回目に紹介するものは「スパイダーマン(2002)」。
こちらはマーベル・コミックスのスタンリー原作の同名漫画であるスパイダーマンを実写映画化した作品です。
監督はサム・ライミ。全世界で大きなヒットとなり、サム・ライミ監督制作で全三部作まで作られており、この作品はその中の最初の作品になります。

舞台はニューヨーク。両親を早くに亡くし、伯父夫妻に育てられたピーター・パーカーは社会見学で研究室を訪れ際に、
遺伝子改良を施された「スーパースパイダー」に噛まれてしまい、超人的なパワーを手に入れてしまいます。

最初は小遣い稼ぎなど私利私欲のためにその力を使っていましたが、自分の過ちから愛するベン伯父さんを強盗に殺されてしまい、
力の代償を深く受け止めたピーターは正義のために尽くすことを決意します。
高校を卒業した彼は、特注のスーツを身に纏い「スパイダーマン」としてニューヨークにはびこる悪と闘い、人命を救助する毎日を送ることになる。
という物語になります。

主人公であるピーター・パーカーはヒーロー映画の主人公としては珍しく、科学好きで人一倍オクテ、好きな子になかなか思いを告げられず、学校でも酷いイジメを受けている。というキャラクターになっており、最初は冴えないイメージを持つのですが、超人的な力を得てからは少しずつ変わっていき、だんだんとかっこよくなっていく様は見ていて面白いです。
スパイダーマンはその名の通り、クモのような力をもっており、手首からクモの糸が飛び出すことができるのですが、
糸をだしてニューヨークの高層ビルを飛び移りながら移動する映像はとても爽快感がありオススメです。

スパイダーマンの映画はサム・ライミ監督の3部作のほかにも、
マーク・ウェブ監督の「アメイジングスパイダーマン」と「アメイジングスパイダーマン2」、
ジョン・ワッツ監督の「スパイダーマン:ホームカミング」、の計6作があります。
またジョン・ワッツ監督の「スパイダーマン:ホームカミング」は、すでに続編の公開も決定しています。
それぞれが独立したシリーズなので、どれから観ても楽しめます。
今回は「スパイダーマン(2002)」を紹介させていただきましたが、どれも面白いので気になった方はどれかひとつでも観てみてはいかがでしょうか。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー