リーグオブレジェンドのレーンとチャンピオンロールの話

どうも、インターン生の鎌田拓臣です。
今回はLeague of Legendsのチャンピオンロールとレーンについてです。
チャンピオンロールとはチャンピオンの役割を示していて全部で六つのロールがチャンピオンに割り当てられています。
アサシンは瞬間火力に長けており、相手との距離を詰めやすい能力を持っています。相手の火力はあるけどもろいチャンピオンを瞬時に落とす役割です。
ファイターはアサシンのような瞬間火力はありませんが、無視はできない攻撃力と、少し攻撃されても耐えれるような硬さを持っています。
メイジは魔法ダメージを持つスキルで攻撃することを主体にしたロールです。基本的な物理ダメージとは違ったダメージを出せるため確実なダメージを相手に与えられます。
サポートは単体の攻撃力はそこまでではないが味方の回復や強化、敵への妨害を得意とする支援型のロールです。
タンクは相手からの攻撃を受け止めるだけの耐久力を持ったロールで育ったタンクを倒すのは一筋縄ではいきません。
マークスマンは継続的なダメージを与え続けるロールです。ダメージは出るのですがとても打たれ弱いので相手の攻撃を受けない立ち回りが必要になります。
ロールはそのチャンピオンの能力を引き出す方法をわかりやすくしてくれのでどのチャンピオンがどのロールかを知っていると自分が使うときに限らず味方に来た時や敵に来た時に対処しやすくなります。
次はレーンの話です。
League of Legendsの主なマップとしてハウリングアビスとサモナーズリフトとゆう2つのマップがあります。
ハウリングアビスはレーンが一つしかないので今回は割愛します。
サモナーズリフトにはTop、Mid、Botとゆう3つのレーンがあります。
マップの左上を通っているのがTopレーン、マップの真ん中を通っているのががMiddleレーン、マップの右下を通っているのがBottomレーンです。
そしてそのレーン同士の間にあるのがジャングルです。
レーンには本拠地までの間に3本程のタワーが立っています。
一番遠いタワーを折らないと次のタワーに攻撃することは出来ません。
一番遠いタワーが割れていてもレーンが別の場合は二本目には攻撃できません。
ジャングルにはタワーはありませんがモンスターが沸いていてそのモンスターを倒すことで経験値とお金を手に入れることが出来ます。
Topレーンとジャングルにタンクかファイター、Midにメイジかアサシン、Botにマークスマンとサポートの二人がよくつかわれる構成です。
次回は、パッシブとスキルについて話したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー