日本のYouTuber登録者ランキングTop10(第10位)

こんにちは、インターンシップ生の椎林です。
今回から計10回に分けて今なにかと話題になっている日本人YouTuberの登録者ランキングをTop10方式で発表していきたいと思います。
ちなみに本データは8月6日付けです。

ということで、本日はまず第10位から発表していきます。

第10位は「水溜りボンド」さんです。おめでとうございます。

その数なんと約3,207,000人です。
ちなみに日本人のギャンブル依存症の数と一緒らしいです。
そして動画再生回数は18億を超え、動画本数は1340本にもなります。

仮に1日1本動画を投稿したと考えても約4年分ほどの数があります。
彼らは2014年10月6日にチャンネルを開設していて、わずか4年ほどで日本のYouTuberランキング10位に君臨しているので、天才といっても過言ではないと思います。

では今から水溜りボンドさんが日本のYouTube界で成功した秘訣についてみていきましょう。
まず1つ目に考えられるのが2人コンビで動画を撮影していることです。
最近では彼らの後輩と撮影することが多々ありますが、原点といえばやはり2人コンビです。
2014年の時点では有名な2人コンビYouTuberはかなり少なく、1人で動画投稿をしている人が数多くいました。
そんな中、彼らは異色の2人コンビで動画投稿を開始したことで、2人ならではの動画が撮影でき、結果的に成功したと言えます。

2つ目は多彩なジャンルの動画を撮っていることです。
もちろん1つのジャンルに絞ることで一定の根深いファンが付きますが、やはり限界があるものです。
なぜならそのジャンルに興味がない人は検索もしませんし、撮影するほうも1つのジャンルだけだとネタがきれてしまうことがあります。
しかし彼らは、「実験検証」「都市伝説」「ドッキリ」「料理」などといった幅広いジャンルの動画を投稿することで、多くのチャンネル登録者を獲得することができたのです。

3つ目は編集が面白いからです。
YouTuberというのは自分で撮影から編集、アップロードまで全部こなすのが基本です。
動画制作において1番重要なのは動画編集なのです。
なぜなら、いくら面白い動画が撮影できたとしても編集がつまらないと、面白いものもつまらなくなってしまうのです。
逆にいうと、つまらない動画も編集次第で面白く出来るのです。
そして水溜りボンドの動画はそもそも撮影した動画自体でも面白いですが、カンタさんが高い編集技術を持っているため、なおさら素晴らしい動画になっているということです。

水溜りボンドさんについてもっと語ろうと思えば語れますが本日はここらへんで終わらせて頂きます。
最後までご視聴ありがとうございました。
次回は登録者ランキング9位でお会いしましょう。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー