ポーランドを紹介しましょう

こんにちは皆さん。ジェットプログラムの参加者のスタチョスキダミアンと申します。
私は日本で英語を教えていますが、実はポーランドから参りました。

よろしくお願いします。

皆さんはポーランドをご存じでしょうか。
ポーランドはあまり大きな国ではないですが、最近ポーランドと日本の関係が強くなってきました。

このテーマを選んだ理由は、皆さんはポーランドについてあまり知らないと思います。それだけではなくて、ポーランドの文化は皆さんの国の文化ととても違うと思われるかもしれませんが、似ているところも全然似ていてないところもあります。
さて、今回は二つのポーランドの独特な祭日について、紹介させていただきます。

[日本と似ているポーランドの行事]

ポーランドのイメージはなんでしょうか。
東ヨーロッパにある国ですので、クリスチャンの宗教を厳しく守っているというイメージがあるかもしれない。しかし、そうではないです。昔々、ポーランドに日本の独特な神道と似ている宗教もありました。ポーランドと日本の古い宗教と文化は、本当にるいじしていると思います。

最初はブスクピン(Biskupin)の日について紹介させていただきます。

昔々、ポーランドの人は太陽の神様や他の神様がいると本当に思っていました。しかし、今ポーランドの人は太陽の神様を信じていませんが、この日に太陽の神様の銅像や様々な聖像に会いにいきます。しかも、神様にお菓子やポーランドの有名なお酒、ウォッカなどあげて祈りします。主な神様は太陽のビスクピンでしたが、この日に他の神様も出ってくるとよく言われます。地域によって違う神様がいますが、地域だけではなくて、ものをかたどる神様もいます。ゲームが好きな方はもう知っているかもしれないが、世界中で流行っていましたポーランドのビデオゲームの「ウィッチャー3 ワイルドハント」でこういう神様が出ます。私はワルシャワ出身ですが、ワルシャワの神様は人魚です。ワルシャワに人魚の銅像が多いです。

URL: https://wikivisually.com/wiki/Mermaid_of_Warsaw

もう一つを紹介したいと思います。次は火の祭りです。

日本にも火の祭りが多いと思いますが、ポーランドに一つしかありません。
ポーランドの人々は伝統的な服を着て、火の周りで踊ります。この祭りの火は愛をあらわします。この理由で、火の祭りはカップルや家族などに人気があります。カップルか親子は手をつないで火を飛び越えます。もし手を離さないままで火を飛び越えることができたら、ずっと相手と幸せに暮らします。

URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Kupala_Night

[まとめ]

最後になりますが、ポーランドは日本と少し似ているですね。
今度この話を続けたいと思います。今度もポーランドと日本について紹介したいです。お楽しみください!

よろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー