さよならバイバイ、放課後の違い

こんにちは。
秋田県民のアレックスです。
今回の記事は最後ですね。第1章は朝のことですから、この第5章に放課後については当然のことです。ということは・・・「さよならバイバイ、放課後の違い」が始まりますよ。

【日本では】
放課後は部活タイム、日本では。帰宅部(まぁ、ちょっと違う意味ですけど)から運動部や文化部があります。生徒は放課後でいろいろな趣味にて一生懸命がんばれます。野球とか水泳部、ボート部は運動部は大会のために毎日練習や訓練します。華道部や茶道部、書道部はこころを整える部活です。だいたいみんなは何か部活に入って楽しい高校生活します。(帰宅部部員までも何か放課後ですると思います。)

【アメリカ】
アメリカで私たちはよくすぐに帰らなければいけません。自分の経験に対して、あまりアメリカの高校は放課後の部活がありません。もちろん、アメフットやサッカーなどのチームは放課後で練習しますが、ほとんどの生徒はそのチームに入っていません。運転できる3、4年生はちょっと自由がありますが高校管理者は特に私たちを帰ってほしいです。

でも放課後は何をしますか。授業は2時半ごろ終わって4時半まで帰ってほしいですから、その間にちょっとだけ出来るものはあります。まず、先生はまだいたら、教室に止まって質問を聞いても良いです。先生は忙しかったら、できない場合もありますが放課後は授業外ですので、十分手伝ってもらえます。そして、スポーツチームに入ったら、練習にきっと行くはずです。時々、先生は文化部みたいな活動を初めます。例えば、私の高校では文芸部が始まりましたがすぐに誰も行って中止してしまいました。他にはクイズチームというものありました。そこで、メンバーたちは幅広い学科を勉強して他の学校をクイズに挑戦しました。実際、自分のチームは一度テレビで出ましたがずいぶん負けてしまいました。

何人の生徒は放課後のバイトで働いていました。私はちょっと田舎っぽい場所に住んでいましたから、小さい店は高校生を採用しました。私の友達は近くのアイスの店で働いていました。

他のみんなは普通に家に帰って宿題したりゴロゴロしたりすることしました。

【まとめ】
これは本当に本当の最後の話です。どうでしたか。今、きっと日米の違いに目指しますね。この短い時間に付き合って頂いてありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー