リーグオブレジェンドのスキルとパッシブの話

どうも、インターン生の鎌田拓臣です。
今回はLeague of Legendsのスキルとパッシブについてです。
リーグオブレジェンドのチャンピオンはパッシブとスキルとゆうのを持っています。
通常のスキルはキー(QWER)を押したら発動します。
例えば、キーを押すと前方方向に扇状に矢を放ったり(方向指定)、指定した場所に罠を設置する(地点、範囲指定)、指定した相手の目の前に瞬間移動する(対象指定)、自分の次の攻撃を強化する(指定不要)などがあります。
パッシブスキルは何もしなくても常時発動しているものです。
例えば、自分に向かってくる味方の足が速くなったり、殴れば殴るほど殴る速さが上がったり、相手を殴ると相手に鈍足効果をつけたりします。
チャンピオンは基本的に一つのパッシブと四つの通常スキルを持っています。
基本的にはQWEは5、Rは3までのスキルレベルがあります。
スキルレベルが上がるとスキルが強化されてダメージが上がったりついている能力効果が上昇したりします。
チャンピオンのレベルが1の場合パッシブとQWEスキルのレベル1を1つ持てます。そしてレベルが上がるごとに1つスキルが取れる、もしくはスキルのレベルを上げることが出来ます。
通常スキルのQWERの内、Rキーにあるスキルはアルティメットスキル(通称Urt)と呼ばれそのチャンピオンの必殺技のようなもので3レベルまでしか上げれず、チャンピオンレベルがそれぞれ6、11、16以上の時にしか上げれませんが、かなり強力なスキルが多いです。
例えばUrtで相手に大ダメージを与えてそのダメージで相手を倒すとUrtのクールダウンがなくなりもう一度使える、円形の範囲を出現させて数秒後に別に指定した地点に味方ごと移動する、相手から受けるダメージを一定時間無効化したりできます。
スキルは便利ですが使うとクールダウンに入ってしまってしばらく使えなくなります。
なのでスキルがある間は相手に強気に出れますが、スキルがない間に戦おうとすると負ける確率が上がります。
上手い人だと相手の主要スキル(例えばUrt)がクールダウンがとける前に若干無理やりに仕掛けてきたりもします。
相手が無理をしていてもこちらにはスキルが無いので対処が出来ないので負ける可能性が高いわけです。
逆に自分がスキルを使うことによって隙を作り戦いに来たところを味方を呼んで倒したりもできます。
次回は、サモナースペルについて話したいと思います。
興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー