美術大学と専門学校の違い

初めまして。インターン学生の西田光里と申します。
私は、『女子美術大学』と『HAL東京』に在籍していた経験から、美術大学と専門学校の違いについてトピックを書いていきたいと思います。

第一回目に紹介したいのは『美大と専門学校の全体的な違い』についてです。
ゲーム業界やイラストレーターなどに将来なりたい方が、
絵を学びたいと考えると『美術大学』か『専門学校』で迷う方が多いと思います。

どちらに進んだらいいのか迷っている方はまず、『将来の目指したい事』や『どう活躍したいのか』を考えてから選ぶのが重要だと思います。
また、現時点でどの位絵が描けるのかも重要です。

美術大学では大学なのでもちろん科目の入試試験があります。また学科にもよりますが、まずデッサンは入試の試験には必要不可欠になってくることが多いです。
なので事前の入試対策や、画塾などに通ってデッサンの勉強をしなければいけません。
また、授業では美術ばかりやるのではなく普通の大学で勉強するような授業もやらなければいけません。
美大では彫刻や油絵、デザイン、メディアなどいろいろな科がありますが、漫画チックな絵を描くような授業を教えている科はかなり少ないです。
あったとしても一部の授業しか出来ない事が殆どでした。

専門学校では『専門』と言っているだけあり、学科の勉強は無いのが普通です。
また専門学校では入試試験が面接のみの所が多く、絵が初心者の方が入りやすいです。また、イラスト系の授業をしているところが多く自分のしたい事ドンピシャで授業を受けられる事が多いです。

これだけ聞くと専門学生の方が良いように思ってしまいますが、それぞれの学校で一番違ってくるのは『就活』の時です。
就活をしてて違いを感じたのは『企業の人の見られ方』です。

専門学生だと『即戦力』を求められやすく、美大生だと『発想力』や『基礎がしっかりしている』と思われやすいです。
もちろん作品を見せた上での判断ですが、同じ実力だった場合それぞれの見られ方が強くなる傾向がありました。

2Dイラストの場合
専門学校では専門的に習っているという認識をされていることが多く、結果的に即戦力になる方を求めて求人を出す会社が多いように思いました。
美大ではもちろん絵の上手さも大事ですが、日本画や油彩、立体など、イラストとは一見関係ないような学科の方が多いです。
デッサンなどの『基礎』がしっかり出来ていて、今までにないような『発想』を持っている方だったり、今後の『伸びしろ』に注目する方が多いように感じました。

このように学校選びでは、自分の将来なりたいビジョンを描いてから決めるのがいいと思います。また、絵は習いたいけど将来は分からないという方は
美術大学の方が『大学』なので一般の会社にも行きやすいです。

どちらもクリエイターを目指している方が多く、少し変わった方が多くて楽しいです!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー