特撮作品紹介1「仮面ライダーW」

初めまして!インターシップ生の田中です。

ここでは自分の趣味である特撮作品を毎回一つずつ紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは2009年から2010年にかけて放送されていた「仮面ライダーW(ダブル)」です。

この物語は風都と呼ばれる街で人をドーパントと呼ばれる怪人に変化させるガイアメモリを悪用した事件が多発する中、探偵業を営んでいる左翔太郎とフィリップの二人が探偵として推理して行き、仮面ライダーWとして戦っていき、愛する街を守っていくという内容になっています。

左翔太郎は探偵の師匠である鳴海荘吉のようなハードボイルドな男を目指していますが、実際は情に厚く、そのため周りからは半熟だという意味を込めてハーフボイルドとしてからかわれてしまいます。しかし誰よりも自身の街、風都を大切に思っており、この街を泣かすドーパントを許さないという正義感のため戦う男です。

フィリップはかつて翔太郎と鳴海荘吉に助けられた少年で、地球上すべての記憶が存在する地球の本棚(ほしのほんだな)に入ることができ、その能力を活かして事件を解決に導いていきます。しかし、彼自身は過去の記憶が無く、地球の本棚でも調べることができずこの記憶が物語のカギを握ることになります。

この二人が変身する仮面ライダーWは変身するときに敵と同じようにガイアメモリを使って変身するのですが、ダブルドライバーと呼ばれるベルトにそれぞれのガイアメモリを刺すことにより、フィリップの意識が翔太郎の体に憑依することによって仮面ライダーWという二人で一人の仮面ライダーに変身します。この時、仮面ライダーWは翔太郎が左半身、フィリップが右半身を担当し、お互いの息を合わせることによってドーパントと戦っていきます。変身のために使うガイアメモリにはそれぞれ違った地球の記憶が収めてあり、仮面ライダーWやドーパントはその力を引き出して戦うことができます。さらに翔太郎とフィリップはそれぞれ自身が使えるガイアメモリを3本ずつ持っているので3×3で9つの姿の仮面ライダーWに変身することができ、相手や状況に合わせて使い分けていきます。

そんな二人以外にも登場人物はいて、大阪から突如来た鳴海荘吉の娘である鳴海亜樹子、風都の裏社会でガイアメモリを売りさばく組織、ミュージアムを運営する園咲家の人、かつて家族がドーパント事件に巻き込まれ、復讐の為戦う男、仮面ライダーアクセルこと照井竜など様々な風都の人間たちが活躍しています。

現在はテレビ放送は終わっていますが、風都探偵という漫画作品として連載しているので気になったら手にとって見て下さい!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー