リーグオブレジェンドのサモナースペルの話

どうも、インターン生の鎌田拓臣です。
今回はLeague of Legendsのサモナースペルについてです。

サモナーとゆうのはプレイヤーの事をさしていて、チャンピオンで言うスキルのようなものをプレイヤーが二つ選んで持っていけるのがサモナースペルです。
スキルと同じようにクールダウンがあり、全部で11個ありますが、サモナーズリフトで使えるのは9個です。

ゴーストは10秒間足が速くなり、ミニオンなどのNPCとの当たり判定がなくなりすり抜けます。
ヒールは自分と近くにいる味方一人を回復して、1秒間だけ足が早くなります。
バリアは自分に2秒間ある程度までのダメージを防げるシールドをつけることが出来ます。
イグゾーストは敵のチャンピオンに2.5秒の間、鈍足効果とそのチャンピオンが与えるダメージが下がります。
フラッシュは指定地点に瞬間移動します。
テレポートは味方側のタワーやミニオン、チャンピオンの設置するものなどを指定して4.5秒動かずにいるとワープすることができます。
クレンズは自分が受けているCC(動きを封じる効果、鈍足効果(スロー)や挑発効果(タウント)が含まれる)を解除し、3秒間受けるCCの効果時間が減少します。
イグナイトは敵チャンピオンに5秒間の間、ダメージとHP回復効果の減少を与えてそのチャンピオンの視界を得ることが出来ます。
スマイトはミニオンやジャングル内のモンスターなどに大きなダメージを与えることが出来ます。

フラッシュ+他のサモナースペルとゆう組み合わせが主流になっています。
フラッシュは壁を抜けて瞬間移動したりもできるので応用が効きやすいのでよく使われます。
主にBotのマークスマンが味方も回復できるヒールを、
サポートがイグゾーストかイグナイトを、
Midのアサシンがイグナイトを、
メイジがバリアかテレポートを、
Topがイグナイトかテレポートを、
ジャングルがスマイトを持っていきます。

ハウリングアビスではテレポートとスマイトが使えない代わりに、
マーク/ダッシュとクラリティとゆうのが使えます。
マーク/ダッシュは最初はマークで指定方向に雪玉を投げてダメージを与えて3秒間ダッシュに変わります。
ダッシュ状態で使用するとマークの雪玉が命中した敵にワープしてダメージを与えることが出来て、さらにマークのクールダウンを少し減少することができます。
クラリティは自分と近くにいる味方のマナを回復できます。マナというのがスキルを使うときに消費するもので、マナが無かったり気とゆうものだったりします。

次回はチャンピオンを紹介したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー