NBA 今年の注目選手

NBAの魅力

こんにちは、インターン制の石黒です。

前回はNBAの基本的な情報と魅力について語りました。
そこで今回は2018,19シーズンの注目ルーキーについて語ろうかと思います。

注目のルーキー

今回ご紹介する選手は18年のドラフト上位指名選手3人です。3人ともチームの即戦力としての活躍が期待でき、新人王になる可能性を秘めた選手です。

 18,19シーズンの注目ルーキーは何といってもドラフト1位のディアンドレ・エイトンです。アリゾナ大学で1年だけプレーし、アーリーエントリーという形でフェニックス・サンズに入団したエイトンは、身長212cm、体重113kgと大柄な体躯を持ちながら、非常に素早く器用な選手でもあります。近年、NBAのビッグマンには走力や器用に動けるスキルが求められる傾向にありますが、エイトンはそれらを兼ね備えたビッグマンであるといえます。またアーリーエントリーした選手でありながら、プロに通用するパワーも兼ね備えているため、ゴール下でのぶつかり合いでも力が発揮できることが期待されます。走力、スキル、パワーのどれもが優れているため現時点でも完成度が非常に高い選手ですが、またまだ若いためポテンシャルも未知数といえます。

 そのエイトンのライバルになりうるもう一人の新人ビッグマンがオーランド・マジックにドラフト6位で指名されたモハメッド・バンバです。バンバは身長213cm,体重98kgとエイトンより少し細身ですが、ウィングスパン(両手を広げた長さ)が237cmと非常に腕が長く、NBA入りした時点でウィングスパンはNBAすべての選手の中でも一番長いです。また身体能力も高く、長い腕と高身長も相まって空中戦では無類の強さを発揮するといっていいでしょう。しかしタフネスに難ありといえるので、プロ入りしてからの成長が期待されます。

 3人目の選手はヨーロッパのユーロリーグ経験者のルカ・ドンチッチです。スロベニア出身のポイントガードであるドンチッチはすでにユーロリーグでプロとしてプレーしただけではなく、リーグMVPまで獲得した実績のある選手です。203cmとガードとしては大柄で、シュート、パスなどのスキルも高水準に纏まっています。ドラフト直後にダラス・マーベリックスにトレードされましたが、それだけ期待が持てる選手であることがわかります。2011年の優勝以降、戦力が落ち続けているダラスを再建するためにも彼の活躍が必要不可欠です。

 前回のトピックではルーキーを中心にNBAを観戦するということを提案しましたが、今回はそのルーキーの中でも注目度の高い選手をピックアップしました。この中から新人王が誕生するのか、それとも全くの無名ルーキーが予想外の大活躍で新人王に名乗りを上げるのか。全く先の読めない展開ですが、だからこそNBAは魅力的で楽しいのだと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー