シフォンケーキ

こんにちは、インターン生の加藤空です。

今日はシフォンケーキについてご紹介します。
家でシフォンケーキをつくってみてもうまく膨らまない、あるいは膨らんでもしぼんでしまうといった作るのが少し難しいイメージがあるかもしれません。
今回は失敗しそうなポイントを押さえ、家で作る際に失敗をしないようにできればと思います。

シフォンケーキの材料は卵、砂糖、薄力粉、強力粉、ベーキングパウダー、サラダ油、牛乳です。香りづけにバニラオイルとブランデーがあればよりおいしく出来上がります。

17㎝型1台分
卵黄:60g(Lサイズ3個分)
砂糖:30g
バニラオイル:数滴
ブランデー:5g

サラダ油:30g
牛乳:40g
☆鍋に入れておく

薄力粉:20g
強力粉:20g
ベーキングパウダー:2g
☆合わせてふるっておく

卵白:160g(Lサイズ4個分)
砂糖:40g

ショートケーキの生地と違い、全卵を卵黄と卵白に分けて調理していきます。
卵黄と卵白を分ける際に卵白に卵黄が入ってしまうとメレンゲが泡立たなくなってしまうので注意してください。
卵の殻を使ったやり方が苦手なら、小さめのボウルに卵黄が破れないように卵を割り、よく洗った手で卵黄をすくう方法もあります。
☆卵白は冷蔵庫で冷やしておきましょう、しっかりとした泡がつくれます。

卵黄に砂糖を入れ、白っぽくなるまで泡だて器で混ぜます。しっかり混ざったらバニラオイルとブランデーを入れます。
鍋に入れておいたサラダ油と牛乳を沸騰直前まで温め、卵黄に入れよく混ぜる。
これに合わせてふるっておいた粉類をいれ、混ぜていきます。
☆生地が粘り気を持ち、重たくなっても混ぜ続けること。しっかりと練りグルテンをだすことが重要。

卵白を泡立ててメレンゲを作っていきます。泡立て器に卵黄がついていると泡立たなくなります、違うものかよく洗い乾かしたものを使いましょう。
卵白を泡だて器で混ぜていきます。最初はシャバシャバと泡立て、全体的に白くなってきたら砂糖を4分の1ほど入れてさらに泡立てていきます。
☆メレンゲはスピード勝負です、素早く泡立てましょう。
白くもったりしてきたら4分の2を入れさらに泡立てます、できるだけ手早く泡立てましょう。ショートケーキの泡立て方と同じように気持ち「叩きつける」ようにすると楽です。
ここまでくると泡がキメ細かくなっていると思います、メレンゲが光沢を帯びてきたら残りの4分の1を入れて泡のキメを整えるように混ぜます。
泡だて器ですくってみて、メレンゲの先がクチバシのようになれば大丈夫です。
☆きちんとしたメレンゲができているとボウルを逆さにしても落ちません、楽しいのでやってみましょう。

メレンゲを一部とり、卵黄の生地と混ぜ馴染ませます。
これをメレンゲに入れ混ぜていきます、泡だて器で切るようにしましょう。
馴染んできたらゴムベラに持ち替えて底から持ち上げるように全体を均一に整えましょう。

型にいれ170度に熱しておいたオーブンで40分程度焼きます。
☆真ん中のでっぱり部分に生地がつくと焦げてしまうので注意

竹串で確認して生地がついてこなければ焼き上がりです。オーブンから出して型を逆さにして冷やした後型から外します。

シフォンケーキの作り方は以上になります。
ポイントとして
1、メレンゲの卵白はあらかじめ冷やしておき卵黄などの油分をつけないようにすること
2、メレンゲは段階的に砂糖を入れていくこと
3、卵黄に粉類を入れた後しっかり練ること
が挙げられます。
ポイントを押さえればご家庭でも美味しいシフォンケーキを作ることができると思います。ぜひ作ってみてください!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー