ファミコン初心者による時の冠争奪戦02

こんにちは、インターン生の町田です。始まりました、夢冒険。
ここは果たして夢の中の国なのかわからないままです。なんといってもインフラがリアル。現実世界と見まごうほどです。
動物さんたちが住んでいるのがかわいくてファンタジックなわけですが…。きっとそうなんだ。これは夢なんだ。
そんなオチだったりするのでしょうか。またフラグをたててしまった。

前回は羊のおばあちゃんに泊めてもらって区切りをつけた気がします。でもなんの区切りもついてないんですよね!
だって休んだだけだし。
加えて前回を撮り終えて気づいたのですが、セーブ機能なんてものはなかった!これも夢でしたってか!!
また猫が逃げたり謎にあらわれたラスボスっぽい虚無僧に自転車もらったり色々しなければならないんですか!冠を探せって!?わかってるよ!!
…と思い、気になってそこだけ調べた見たのですが、章末にふっかつのじゅもん的なアレがあるらしいのです。
章末!?どれくらいのボリュームかもわからないのに!?

前置きが長くなりました。
どうやら落ちてるアイテムが光ったりはしなさそうなので、こまめにマップを調べるしかないのでしょうか。
なんて言ってる前に2回目を始めたいと思います。

目指せ脱第1章。話させておまわりさん。

あとあと気づいたのですが、林も探索できたんですね、詰みの原因はここです。
調べ不足もありましたが、林であまりにも露骨に落としてある財布を手に入れました。
こんな風に落としておいて大丈夫なんですね、夢の国。平和な世の中だ…。
私たち双子もいい子なので(?)、即交番です。ホウレンソウ!
そしてようやくお巡りさんが喋ってくれる始末。
おっおまわりさーーーーー!!!!!!!!シャベッタァアアア!!!!!!!!!!!

お礼がしたいからまた後で〜。といわれるがままに羊のおばあちゃんに引き寄せられます。
そうか、そういう場所なのかとじわじわおばあちゃんについて理解を深めながらいざ行こうというところでまたしても。
またしても問題が。

転けます。(妹が)

すみません。

ここで病院のフラグを回収してしまったので、風の子だから出て行け!といわれていた看護婦さんも許可を取ってくれました。
風の子だから走ったのがいけなかったんですね。すみません。でも、だって、風の子だし。(言い訳)

「すぐ治るからね」って言われついでに冠知らないですか?(チラッ)なんてするものだからしらばっくれ…しらないふりをする医師。
優しい世界線ではなかったのか…?

そうとなったらこっちにも手はあるんです。
秘蔵のブロマイド隠してること知ってるんだからね!!

と弱みを握ったところあっさり吐いてくれました。研究者のお友達が知っているのだそうです。

そうとなれば、とキツネさんちに向かうのですがまたしてもアクションがわからない双子。
いないんですね〜とかいいつつ無意味に一泊。

…が、これは困ったことになりました。
溺れているんですよね。

その研究者の息子が。

いやごめんなさいほんとに溺れてるなんて知らなくて…
1日以上溺れてたんですねごめんなさい…

家の中で溺れてるって事実がやばいんですが、それを全く気にも留めない親。
さて、どこから突っ込んでやろうか。

聞き出した結果としては、図書館に本があるよ。ということです。
たらい回しにしてくれるじゃないの…
あと、ときのかんむりなんてめっちゃすごいやつ(語彙力)のこともう詳細にわかってる上に本にまでなってるなんて大丈夫なの…?
そして冠は〇〇市にあるよ!なんてかかれてるもんだからここの治安の良さはピカイチなんだなって思います。
人々は冷たいのですが。

さあいざその街に行こう!というところでなぜか進めない結末に。

またしても資格が待ち構えているのか?

住人の本性が明らかに…!(ならない)

また次回お会いしましょう。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー