インターンシップ感想(プログラマー)【はこだて未来大学】

佐藤 佑哉さん

期間:2018年9月5日から9月19日 10日間参加

Q1 今回参加したきっかけ

  インターンシップはかねてから興味がありました。その中でも、ゲーム関係の職に興味があり、大学の募集で興味がひかれたので参加させていただきました。

Q2 インターンシップをはじめる前の経験

 Python、C言語、Unity、Javaを授業内で使ったり学んだりしていました。

Q3 インターンシップ中の内容

 記事と動画の作成、cocos2d-x、javascriptの環境の勉強をしつつ、トランプゲームの神経衰弱ゲームのCPUの実装をしていきました。

Q4 インターンシップを終えて感想

 ゲームはこのように作られていくのかという、貴重な体験ができました。また、この作業等を通じて自分には焦りが多いことなどを痛感しました。この啓発的経験を通じていき、自分が向いているかどうかの判別も付いたかと思いました。また、普段新聞を読まなかった私ですが、これを機に読んでいこうと思います。10日間という間でしたが、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー