作品紹介「モンスターハンターシリーズの歴史」

初めまして、インターンシップ生呉ケイ偉と申します。

今回は私は一番好きなゲーム『モンスターハンターシリーズ』を紹介していきたいと思います。

本日は第一回『モンスターハンターの歴史』を紹介させて頂きます。
引用始め
『モンスターハンター』(Monster Hunter)は、2004年にカプコンから発売されたPlayStation 2(PS2)用ハンティングアクションゲーム、およびそのシリーズ作品。この記事では『モンスターハンター』と、続編である『モンスターハンターG』、『モンスターハンター2(ドス)』、『モンスターハンター3(トライ)』、『モンスターハンター3(トライ)G』、『モンスターハンター 3G HD Ver.』、『モンスターハンター4(フォー)』、『モンスターハンター4(フォー)G』、『モンスターハンタークロス』『モンスターハンターダブルクロス』『モンスターハンターワールド』について扱います。
引用終わり
『モンスターハンターシリーズ』作品は多いので、代表作品を紹介して頂きます。

2004年3月11日発売のPlayStation 2用ソフト『モンスターハンター』は初代です。初代に当たる本作は、タイトルの末にシリーズ表記がないことからプレイヤーの間では無印とも呼ばれています。

(参照:en.wikipedia.org)

『モンスターハンター 2』 2006年2月16日発売のPlayStation 2用ソフト。 『MHG』の世界観を受け継ぎつつ、舞台となるフィールドとモンスターが増加し、従来の飛竜を超える存在としての古龍の追加、季節という時間経過の概念が導入されました。

(参照:アマゾン)

『モンスターハンター 3G』 2011年12月10日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト。当初は『MH3』の携帯機版として企画されたが、提示した追加要素が多かったことからアップグレード版を意味する『G』がタイトルに付加され、最終的にはさらに内容がボリュームアップされました。

(参照:itunes.apple.com)

『モンスターハンター 4』  2013年9月14日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト。 本来は同年3月に発売予定であったが、機能追加などの理由から2013年夏に発売を延期した。メディアクリエイトによる発売週の売上げランキングでは171.5万本の売上げを記録し、ダウンロード版も含めると実質197万本の売上げとなり、シリーズで過去最高でした。

(参照:amazon.com)

『モンスターハンター クロス』 2015年11月28日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト。本作の新要素として、各々のハンターの個性を強くするシステムを追加しました。そして、過去作品に登場したモンスターも多数復活するだけでなく、過去作の舞台となった三つの村も登場しました。

(参照:amazon.com.br)

『モンスターハンター:ワールド』(Monster Hunter: World)は、カプコンより2018年1月26日に発売されたゲームソフトです。モンスターハンターシリーズの最新作。本作は巨大な古龍達が新大陸に渡る「古龍渡り」の謎を解く為に、「新大陸古龍調査団」を新大陸に送っていたストーリーです。日本だけでなく全世界からの評価は非常に高いです。世界で出荷本数も830万本とシリーズの最高記録を更新しました。

(参照:toysrus.co.jp)

今回「モンハン」の紹介は、ここまでとさせていただきます。
ごしちょうありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー