R6S 初心者に教えたい3つの事!

 初めまして。 インターン生の 阿部 和弥 です
これから 3回 レインボーシックシージ (以下 R6S) について話して行きます。
参考になれば幸いです。よろしくお願いします!

 ~ 初心者に教えたい3つの事 ~

私がマルチプレイをプレイして考える野良でプレイする初心者の方に教えたい事を 3つ 上げます。

1つ目は、
  ”オペレーター選択画面でオペレーターをすぐ選ばない” です!
  
 どういうことか説明します。R6S では同じオペレーターを選ぶことは出来ないため、そのマップで必要なオペレーターを必要な場所で使うということが理想的です。
しかし、経験が少ない初心者の方がそういったオペレーターを選んだ場合、適切な使い方が出来てないことが多いです。結果的にはチームの負けに繋がり、
最悪な場合、チームキルの対象にされたり除外投票を入れられるなど、なにも良い方向に進まないことがほとんどです。
そのため、オペレーターを選ぶのは 1番最後にするか、サッチャーなどの比較的要求スキルが低いものを選ぶことをオススメします。

2つ目は、
  ”どこを補強すればいいかわからないときは補強しない” です。

 これは私の体験談ですが、味方が穴あけ作業をした箇所を勝手に補強した直後にチームキルされるということがありました。
今の私にはこれがどういったことか分かります。防衛側は攻撃側の思い通りにされてしまわないように、守りやすい体制を整えておく必要があります。 
つまり味方が行っていた工事は通路にするために開けているもしくは射線を通すために開けている場合がほとんどです。
そのようなことが起きないように自分が補強していいのかわからないところは補強しないほうがいいでしょう。

3つ目は、
  ”倒されてしまった後 味方のプレイを見る” です。

これに関してはどの FPS においてもいえることでしょう。
自分1人で考えるよりも誰かに教えてもらったほうが早く正確です。
しかし、初心者の方でありがちなことが、ひたすらカメラでマークするということです。
場合によっては慣れているプレイヤーにマークをするとカメラが壊されていないことに気付き破壊します。
特にしては行けないのがヴァルキリーのカメラです。通常のカメラと違い位置が簡単に分からないので、マークした瞬間に周囲にカメラがあることを教えてしまいます。
などの利用から、慣れないうちはカメラではなく味方のプレイを見て真似してみてください。

以上が私が初心者に教えたい3つの事です。どうでしたか? 初心者の方の参考なれば嬉しいです!
読んでいただきありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー