【結】研究の話をしよう

こんにちは。
インターンシップ7日目、ついに最終日の松浦です。
自分にとっては結構長期のインターンでした。得られるものも大きかったです。

そんなわけで好き放題書き散らかしたこの記事も最終回ですが、
最後は私が大学で取り組んでいる研究課題についてのお話をして締めましょう。いや、
研究といってもそんな堅苦しいテーマじゃないですよ逃げないでください。

Q. 何を研究してるの?
私が所属しているゼミでは日本文化情報学を扱っておりまして、端的に言えば日本文化の研究です。
古典芸能、近代文学などの硬派なものからアニメ、漫画、ゲームなどのポップカルチャーまで何でも扱えます。
ただし日本のもの限定ですよ。
まあ、軽率に日本文化とか口にすると、教授から「しっかり定義づけしろ!」とお叱りをくらうので、
そこは気を付けるべきところです。

そこで私がテーマとして取り上げたのが、『東方Project』です。ええ、あの東方です。やっとゲームの話題になりましたね!
なんでそんなグレーなもの取り上げたのよ、ということですが、
事の発端は中学まで遡ります。
当時中学生だった私は、東方に少女キャラしか登場しないことを知って「なんで?」と思いました。
今となってはよりどりみどりの美少女キャラを売りにしたコンテンツなんて大量にあるので、さほど疑問にも思わなかったでしょうが、
いかんせん当時はあまりサブカルに明るくなかった(当社比)ので、純粋に不可解だったのでしょう。

それで公式の発言なんかを漁ってみたら、その理由もはっきり明言されていたわけですよ。
おお、これは面白いなと。
そこからさらに発展させて、少女の持つ無垢さ、純潔性であるとか、少女という存在がそのような位置づけにされた経緯であるとか、
そこには男性の思惑が介入しているであるとか、色々浮かび上がってきます。
私はそこからさらに遡って、古代日本あたりの少女像とか調べて東方の世界観の研究に持っていこうと思っていたんですが、
先輩方から「二次創作方面も調べてほしい」とのアドバイスを頂いたこともあり、
原作と二次創作における乖離を中心に据えることと相成りました。

乖離って何?ということですが、原作絵には一切のセクシュアリティ的要素がないんですよ。
グラを見ても、体のラインとかあまり強調されてない。シナリオにもスケベな会話とか含まれてない。
この辺は神主の手癖なんでしょうけど、それは置いといて。
この事実を踏まえた上で二次創作イラストを見ると、まあ当然のように性的要素マシマシですね。
ただし性的といっても、必ずしも18禁表現のことを指しているわけではなくて、
なんというかセクシュアリティというのは、「その性別をその性別たらしめているもの」だと私は定義しております。ああ、
もうなんか書くの疲れてきたのでやめよう…。レジュメ作ってるみたいでしんどくなってきた。

☆まとめ☆
何が言いたいのかというと、一見くだらねえと思えるようなテーマでも、
突き詰めていくと色々な問題点とかが浮かび上がってきて、新たな知見につながるということです。
だって居ますよね、「同人の研究するとかwwwイキリオタク乙www」とか思う人。
まあ別にどう思われてもいいですけど、私はそういう一見お遊びみたいなテーマをいかに学術的に証明してみせるかに
命を懸けているので、頑張って卒論書き上げようと思います。
ちなみに後輩はBLの研究してたりしますけど、これ先行研究けっこうあるんですよねユリイカとかに。

あ、最後に断っておきたいんですけど、おんなのこおんなのこばっかり言ってますが
私はノンケなので誤解しないでくださいね。

それではまたご縁がありましたら。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー