おすすめアメコミ映画5「ワンダーウーマン」

こんにちはインターン生の福間です。
今回もおすすめのアメコミ映画を紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは「ワンダーウーマン」です。

本作は2017年公開のスーパーヒーロー映画で、DCコミックスのアメリカン・コミック『ワンダーウーマン』の実写映画作品。
原作者はウィリアム・モールトン・マーストン氏。
彼はコミック原作者であると同時に「うそ発見器」を発明した人物でもあります。
また、様々な「DCコミックス」の実写化映画作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品群として扱う『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズとしては第4作品目の映画でもあります。
前作にあたる映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で初登場したワンダーウーマンですが、本作で描かれるのは彼女の過去の話のため、他の作品をみなくても楽しめます。
また、アメリカン・コミック原作の映画としては初の女性監督作品になります。

主人公であるダイアナは、女性だけが住む島セミッシラのアマゾン族の王女。
この、セミッシラという島は他の世界とはかかわりを持たない場所なのですが、いつ敵が迫ってきてもいいようにアマゾン族の女性たちはほとんどが戦士で、修行を続けています。
幼い頃から戦士になることを夢見ていたダイアナも、史上最強の将軍と呼ばれたアンティオペのもと過酷な修行を繰り返し、アンティオペに勝るとも劣らない強さを得ます。
ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けたことから、外の世界で戦争が起きていることを知り、自身の力で世界を救いたいと願った彼女は二度と戻れないと知りながら故郷をあとします。

ダイアナははじめて「外の世界」である現代の世界の文化に触れるのですが、色んなものがはじめてのため、ダイアナの新鮮なリアクションが面白いです。
また、本作は迫力のあるダイナミックなアクションシーンが豊富で、みていてとても楽しいです。
戦闘時に流れるBGMもすごいカッコいいのでおすすめです。

ワンダーウーマンは1941年に初めて登場した作品で75年以上の歴史を持ちますが映画化は無いに等しく不遇の扱いでした。
おそらく主役が女性のヒーロー映画ということで利益を上げられるのか心配だったからなのだとおもいます。
しかし本作は世界各国で高く評価され、興行収入は累計で全米とそれ以外の上映国で各4億ドル以上となる大ヒットとなり、
女性監督作品および女性が主役のアクション映画として初週・累計収入ともに歴代1位を記録しました。

すでに主演ガル・ガドット、監督パティ・ジェンキンスが続投する続編『ワンダーウーマン2』の製作が発表されています。

気になった方はは是非一度観てみてはいかがでしょうか。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー