バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

はいどうもー!夏季、MBA、インターンシップ生の片岡でーす!Vtuber四天王紹介も遂に第四弾。
四人目の方は……こちら。バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんこと、ねこますさんです。

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん(バーチャルのじゃロリきつねむすめユーチューバーおじさん)は、主にYouTube、ニコニコ動画などで活動しているねこますが扮するバーチャルYouTuber、バーチャルキャスター、バーチャルアイドル。略称にのじゃおじなどがある。
(引用:wikipedia バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんの項目 より)

画像や映像、音声を商業記事に載せるには許諾が必要との事で、今回は諸々を省かせていただきます。というわけで、説明タイムです。

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん。
この名前を見て、既に疑問符が浮かんでいる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
名前からしてインパクトが強いこの方は、動画撮影、編集、アップロード、3Dモデリングなどを一人で手掛けている、個人Vtuberの方です。
上記の名前については、この方が自己紹介の際に名乗る肩書きのようなものですね。端的に自分がどういったモノであるかを説明しています。
バーチャル(な)のじゃ(口調の)ロリ狐娘Youtuber(をしている)おじさん、といったところでしょうか。
上が肩書きなので名前の方があるわけですが、それがねこますさんというわけです。
因みに、このねこますという名前もねこみみマスターの略称だそうです。

普段動画やツイッターのアイコンなど、一般的に「バーチャル以下略おじさん」として知られているアバターの子の名前は「みここ」。
ねこますさんの自作アバターで、「袖が分離されている桜色のノースリーブのミニスカ巫女服」を着た、名前の通りの「ロリ狐娘」という容姿をしています。
特徴としては、脇でおにぎりを握ったり、二刀流のポッキーソードを振ったり、耳が複雑骨折をしたり、下着ではなくお札が張ってある、といったところでしょうか……。
ねこますさんの自作アバターはみここの他に、「猫耳の付いた黒いフード付きパーカー」の、「蝙蝠(悪魔?)のような片翼」の生えた「猫娘」の「ねこま」というキャラクターがいます。
こちらは、ねこますさんいわく「強キャラ設定」ということで、魔法が使えるそうです。
どちらのキャラもモデルが公開されており、利用規約に則っていれば誰でも使用できます。

ねこますさんは、2017年11月8日に自己紹介動画を投稿し、Vtuberとしての活動を開始しました。
元々は、就活の際に自身の作品を発表する為のポートフォリオとして、またUnityを勉強する為にVtuberの活動を始めたそうです。
そのため、有名になりたい、とかの思惑があったわけではなかったが、2017年12月5日に、にゃるら氏のはてなブログ「根室記念館」に掲載された記事『キミは「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」を知っているか!?』が拡散され人気に火がつき、三桁台だったチャンネル登録者数が一気に急増した、という経緯があります。

ねこますさんという存在の特徴として上げられるのは、その可愛らしい姿のキャラクターがおじさんの声で喋るという奇妙さと、コンビニバイトであり、本来やりたいことが満足に出来ないし、やったところで現段階では何の役にも立たないという状況を嘆いて発した、「世の中、世知辛いのじゃー!」という言葉の悲壮感と、そんな悲しい状況でもがんばり続けているという姿勢です。因みに、現在は縁がありコンビニバイトを退職してVR、3D関係のお仕事に就職できた模様。
可愛いキャラのアバターで男性が地声で動画配信をする、という文化を一般化させたのは、間違いなくこのねこますさんの特徴のおかげ、といえます。

Youtubeのチャンネル名は、活動開始当初は、「けもみみVRちゃんねる」。2018年1月13日に投稿された動画にて「獣耳帝国国営放送」へと改名。が、同年1月31日に投稿された動画とツイートにて視聴者からの意見などを踏まえた上で「けもみみおーこく国営放送」で確定する、という発表があり、けもみみおーこく国営放送というチャンネル名に決まりました。
しかし同年7月26日に発表された動画とブロマガにて、「自分のやりたい事と、自分が求められている事が違う為、ファンの期待に答える事が出来ない」という理由から、自らのVtuber活動を縮小し、裏方的体制に移行するとの発表がなされ、それに伴いYoutubeのチャンネル名も変更になりました。
現在は「バーチャル番組チャンネル」、略して「V番連」となっており、ねこますさんの個人チャンネルではなく、男性バーチャルYouTuberに焦点をあてたトーク番組を公開するチャンネルになっています。
これにより、ねこますさん個人は「チャンネルを持たないVtuber」という存在になりました。
因みに、2018年8月6日時点でのV番連のチャンネル登録者数は280,201 人、視聴回数は12,750,493 回 となっています。

ファンからの愛称は、名前にちなんで「のじゃおじ」や「のじゃロリ」、チャンネル名がおーこくであることから「国王様」、後は普通に「ねこますさん」などなど
個人チャンネルが無くなったねこますさんですが、Vtuberとしての活動は今後も続けていく、とのことです。

以上、ねこますさんの紹介でした。いよいよ四天王紹介も最後の一人となりました。
次回は、輝夜月(かぐやルナ)さんについて紹介していきたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー