リーグオブレジェンドのチャンピオンの話

どうも、インターン生の鎌田拓臣です。
今回はLeague of Legendsのチャンピオンについてです。

League of Legendsのチャンピオンは100体を超えているの全部紹介するのははっきり言って無謀なので、初心者向けや個性的だったり単純に自分が好きなチャンピオンを選んで紹介したいと思います。

今回初めに紹介するのはLeague of Legendsのチュートリアルで最初に触れるチャンピオン、[氷の射手-アッシュ]です。

過酷な氷の地フレヨルドで最大の部族アヴァローサンを率いてフレヨルドの統一を望んでいます。
アッシュはフレヨルドの古代女王アヴァローサの氷の魔力が宿った弓を使うマークスマンです。
スローとスタン(行動不可)の二つのCCを持っていることもあり、サブロールとしてサポートが入っています。

パッシブ[フロストショット]は通常攻撃(AA)をした相手にスローを与えて、この効果でスローを与えた相手にAAを行うと追加で物理ダメージが入るというものです。またAAを打った時にその攻撃がクリティカル(アイテム説明時に説明)だった場合、ダメージは増えないがスロー効果を三倍にします。

Qスキル[レンジャーフォーカス]はAAをするとスタックというものが溜まっていき、スタックが溜まると使用可能になります。
少しの間攻撃速度が増加し、一回で五本の矢を飛ばすことが出来ます。
スタックは攻撃しないとだんだんと減っていくのでこまめに殴ることが大切です。

Wスキル[ボレー]は指定方向扇状に非貫通の矢を飛ばして当たった相手に物理ダメージとパッシブのクリティカル時のスローを与えます。

Eスキル[スカウトホーク]は一定時間ごとに氷の鷹を飛ばすことが出来て、その鷹が通った場所と落ちた場所の視界を得ることが出来ます。

Rスキル[クリスタルアロー]は指定した方向に敵チャンピオンに当たる氷の矢を飛ばし、命中した場合魔法ダメージとスタンとスローを与えてその周囲にも半分のダメージとスローを与えます。命中時のスタンはアッシュが打ってから相手に命中した距離に応じて遠いほど効果時間が伸びます。

アッシュは射程が長くCCもあるので相手を近づけさせずに倒すことができてEによる偵察とRにより戦闘を始めやすさからマークスマンの中でも簡単な部類です。
ただし、射程以外の基礎部分が低い、一度間近まで来られると逃げるスキルがないなどが弱点としてあげられます。

次に紹介するのが、このゲームの主人公の[ルーンの魔導師-ライズ]です。

かつて大きな戦争の起きた地ルーンテラでワールドルーンと呼ばれる古代の恐ろしい力持った断片を回収している…忘れられたその力により自分のような悲劇が起きぬように。
ルーンテラ屈指の魔術師であるライズはメイジ、ファイターロールになっています。

パッシブ[古代の呪術]は魔力が高いほどマナが増えるというもので、魔法の攻撃力を高めれば高めるほど魔法を使いやすくなります。

Qスキル[オーバーロード]はスキルレベルを6まで振れます。
指定方向に魔法弾を放ち、魔法ダメージを与えます。
WかEを使用するとクールダウンが解消されルーンスタックというものが溜まり、溜まった状態で使用すると自分にシールドと移動速度上昇効果を付与します。

Wスキル[ルーンプリズン]は指定した敵に魔法ダメージとスネア(移動阻害)を与えます。

Eスキル[フラックス]は指定した敵に魔法ダメージとフラックスというものをを与えフラックスがついている相手にスキルを当てると追加効果を与えます。
さらに、このスキルで敵を倒すと周囲の敵にも半分のダメージとフラックスをばらまきます。
追加効果はスキルごとに違い、Qは当たった対象と周囲のフラックスが付いてる敵に追加のダメージ、Wはスネアの時間が伸び、Eは敵を倒した時と同じ効果を起こします。

Rスキル[ポータルワープ]はスキルレベルを2までしか上げられません。
自身の中心にポータルを作り、少しするとそのポータルにいる自分と味方を指定した地点までワープさせます。

ライズはスキルコンボが重要でQの後にWかEを使うことによりクールダウンを解消してもう一度Qを放つことが出来るのでQ->E->Q->W->Qなど繋げることによりかなりのダメージを期待できる。
Rは逃げにも攻めにも使えて、壁を越えてワープして逃げることも突然背後にワープして奇襲することもできる。
スキルを使うとマナがどんどん無くなる為にパッシブがあっても枯渇しやすいのと、射程が短く近づかなければいけないが防御面がシールドしか無いので近づきすぎると倒される可能性が高いとゆうのが弱点です。

今回紹介したチャンピオン以外にも紹介したいチャンピオンはいっぱいいるので機会があればまた紹介したいと思います。

次回はジャングルについて紹介したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー