初心者が征く!オリジナルゲーム作成道 day4

こんにちは!インターン生の内村です!

本日は前回の解説やゲーム制作の前に基本となるcocos2dの新規プロジェクト(ゲームの基となるファイルを内包したフォルダ)の作成方法の紹介ならびに諸要素の説明を行います。

まずは、cocos2dで新しくプロジェクトを作成する方法を紹介します!

【cocos2d 新規プロジェクト作成方法】
①day2 でも出てきたコマンドプロンプトを開く
②プロジェクトを作成したいディレクトリまで移動(同じくday2参照)
③>の右側にカーソルを合わせ「cocos new gama(任意のファイル名で構いません。ここでは便宜上gameに設定) -l(小文字のLです!1ではありません!) js」と入力
入力例:「>cocos new gama -l js」

④あとは待つだけでプロジェクトフォルダが出来上がります!

【cocos2d プロジェクトフォルダの解説】
フォルダの中身を見ていきましょう。フォルダは下記の画像のように構成されています。

上から順に説明します。
・「frameworks」:フレームワークと呼ばれるアプリケーション開発を助ける構築済みの枠組みが入っています。
・「res」:resはresourceの略でアプリケーションに使用する画像や音楽のファイルが入っています。
・「src」:srcはHTML内で使うタグの名前で「.html」に呼び出される「.jsファイル(JavasScriptで記述されたファイルで設計図のようなもの)」などが入っています。
・「.cocos-project.json」:cocos2dの設定について記述された「jsonファイル(軽量のデータ交換フォーマット)」です。
・「CMakeLists」:ビルド自動化のためのソフトウェアでC++言語で記述されているファイルです。
・「index.html」:HTMLファイルでGoogle Chromeなどのブラウザで起動すると動作します。(デフォルトではブラウザ上に「HELLO WORLD」を表示するプログラムになっています。)

・「main.js」:HTMLファイルから読み込まれるファイルでプログラムの機能部分にあたります。
・「manifest.webapp」:デバイスのホーム画面に、簡易的なアクセス手段を提供するWebアプリケーションをインストールものです。
・「project.json」:プロジェクト(HELLO WORLD表示プログラム)の起動時の設定について記述された「jsonファイル()」です。
【jsonファイル解説】
以下の画像の通りです。(コメントアウト(//の後に描かれた緑の文字)を使用するとプログラムが動作しなくなってしまうので注意!)

なかなかゲーム作成に触れられず申し訳ありません。
次回以降は今まで行ってきたことも含め、ゲーム作成について書いていきたいと思います!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー