UniRXについて

こんにちは、インターンシップ生の大谷です。
今回はUniRxについて書いていこうと思います。

UniRxとは
・何か処理が起こった時に別の処理をするという処理を作れる
 何かが起こったときとはプログラムにおけるあらゆる処理です。(クリックしたとき、ゲームが始まったときなど
・Updataを色々なところにかける
 数秒後に処理をするなんて処理が簡単に書ける

OnNext、Subscribeについて
Subscribe:メッセージの受け取り時に実行するを関数に登録する
OnNext:sbscribeで登録された関数にメッセージを受け渡して実行

Subscribeとはメッセージの受け取り時の処理を登録する処理
OnNextはメッセージを発行してSubscribeで登録された処理を順に呼び出す処理
です。

IObserverとIObservable
IObserverとはRxにおけるイベントメッセージを発行できるという振る舞いを定義したインターフェースです
IObserverは「OnNext」「OnError」「OnCompleted」のメソッドをもつインターフェースです

OnNext 通常イベントが発行されたときに通知されるメッセージ
OnError 発生したエラーを通知するメッセージを発行するメソッド
OnCompleted メッセージの発行が完了したことを通知するメソッド

数秒後に処理をする

updataの最初の1フレーム目に処理をする

参考サイト
https://qiita.com/toRisouP/items/2f1643e344c741dd94f8
https://qiita.com/Marimoiro/items/2ad8a1b422a3fe98f938

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先
メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。
ご氏名 (例)山田 太郎
メールアドレス 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
メールアドレス(確認用) 半角英数字:ご入力間違いのないようにご注意ください
電話番号 (例)0354339211 ※ハイフン抜きで入力してください
題名
お問合わせ内容

アーカイブ

カテゴリー